アイネスアロマセラピー名古屋 栄駅近く「英国に本部をもつIFA」と「メディカルアロマのナード」の認定校
【 IFA認定校  アイネス ジャパニーズ カレッジ オブ アロマセラピー】 【NARD認定校 アイネス アロマセラピースクール】
 
校長エッセー/レッスン風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページ上に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


〜季節の便り〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


今年はIFAからのクリスマスカードが11月半ばすぎに、もう届いております。

季節の挨拶も日本と同様、メールで済ませることが増えていますが、手元に届く、外国からのお便りはやはり嬉しいものですね。

メッセージには、「アイネスのスクールの皆さまへ」とありましたので、みなさんにも、お知らせです。


クリスマスカード(年末年始の季節の挨拶)は、日本とは違い、クリスマスやお正月にピッタリと届かなくても大丈夫で、いつもは12月に入ると届き始め、のんびりさんは新年のころに届いたり。

(そんなカードは、彼女のことだから、クリスマスになって大慌てで買ってきたんだろうな、なんて想像したりして。)

イギリスでお世話になった方々、オーストラリア、スペインの友人へ、そして、日本では年末のご挨拶にはまだ少し早いのですが、

「皆さまの健康とご多幸をお祈りしております。」
心より、ありがとう。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

   

 
 


 

〜暦はめぐる〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


先日「栗おこわ」と「サンマの塩焼き」という、心ときめく秋の味覚を頂きました。

ときめき過ぎて、美味し過ぎて、無言で食べました。

栗の甘みとお魚の粒だった塩味、腹ワタの苦味とカンキツ果汁の酸味を交互に楽しみ、ツヤツヤのおこわを頬張り、サンマの骨をよけ、きれいに背骨と頭だけが残ったお皿を見て、はぁ〜満足。

(端から見たら、かなり必死な感じかと思います。。)


暦が進めば、木々は色づき、 稲穂は頭を垂れ、温かいお風呂が気持ちよく、、

秋には秋の、冬には冬の、色合いや味わいがあり、

人間サマがあたふたしてても、当たり前に日は昇って、日は沈む。

季節を存分に味わって、それでも今年は 哀愁のような、それと同時に感謝のような、不思議な気持ちの秋を過ごしています

 

 
 


 

〜アロマ・インストラクター試験の実施〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


10月30日、ナード・アロマテラピー協会のアロマ・インストラクター試験を実施いたしました。

これまで大きな会場で行われていた試験が、新型コロナの影響により、認定校での開催となったため、当校も試験会場となりました。

ナード事務局からの厳正な指導のもと、公正さとコロナ対策とに最大の注意を払っての開催でした。


実は、当初の開催日時が中止・延期された後、少ししてから認定校における試験開催が発表されたため、今秋の受験はかなわないと思っていた受験生には、サプライズでもありました。

お知らせの際、準備してきたことを発揮する機会があることが嬉しいと 受験できることを喜んでおられた受験生、
そしてたいへん多忙な中、チャレンジされた受験生、、

メディカルアロマを伝える講師資格となるアロマ・インストラクター。(試験合格後、手続き・認定を受けるとアロマ・アドバイザーの認定校となることができます)

それぞれの人生にプラスとしていただけるよう、努力が実を結ぶことを願い、また信じております。

 

 
 


 

〜有朋自遠方来、、〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。



「友有り 遠方より来たる、また楽しからずや」

先週日曜は、webレッスンのスクーリング日でした。

いつも画面越しに見る顔に実際に会え、「また楽しからずや」。

そしてその日は、久しぶりの卒業生も訪ねて下さいました。

お部屋に入ったとたん「春からずっと来たいと思っていたんです。」とおっしゃって、目には涙が。。

こちらもつられて、ウルウル。

まさに「友有り 遠方より来たる、また楽しからずや」。

先週は、ご家族を伴って来て下さった卒業生も。

「また来たい、会いたい。ホッとする。」と思って下さる方がいるなんて。

智子先生と「ありがたいね、良かったね。」としみじみ。

その日の仕事終わりは、夜風に運ばれてくる金木犀の香りがひときわ甘く優しく感じられ、ゆっくり歩いて帰りました。

 

 
 


 

〜輝く太陽のごとき果実かな〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


先日のIFAレッスンでは、カンキツ果皮の精油を取り上げました。

オレンジ・スィート
オレンジ・ビター
マンダリン
レモン
グレープフルーツ
ベルガモット
ライム  etc.

カンキツの香りを嫌う人は、めったにおられません。
みんな大好き、カンキツ精油。

@カンキツ精油の共通項 Aそれぞれの個性と使い分け B安全性、光毒性のレベル、化学成分のモノテルペン炭化水素類について等々に焦点を当ててお話しました。


でも、その前に、、、
私達にとっては、親しみあるミカン科ですが、北ヨーロッパの人々には憧れの植物、果実だったことをご存知ですか?

ミカンの木が冬越しできない寒い国では、オレンジ色はまさに太陽の色。オレンジという名称には「輝く・黄金」という意味が隠されており、イギリスの大航海を成功に導いたのもカンキツ。わざわざ立派なオレンジ専用の建物を建て、そこで開かれるパーティーもあったり。

この爽やかで心浮き立つ香りの果実は、たくさんの品種が世界各地で栽培され、愛されています。


精油を手に取る時 、そこにある客観的データへの理解と、植物が持つストーリーに思いを馳せることができると、愛しさが倍増します。

同じ精油を使うなら「愛ある精油の使い手たらん」との思いを込めてのレッスンでした。


でも、私のカンキツLOVEっぷりに、生徒さんが引いてなければ、いいのだけれど。(ちょっと心配。)



 
 

昨夜(10/1)は、中秋の名月がきれいでしたね。
テレビ塔は、ピンクリボンデ-のため、ピンク色にライトアップされていました。

 

〜webレッスンやってみて〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


始める前は不安だったwebレッスン。

実際の様子がどうかというと、、、


画面越しに、みんなの顔が見えると、ついつい互いに手を振ってレッスンをスタート。

1時間ごとに休憩を挟みながらの3時間のレッスンは、あっという間で、負担に感じない長さのようでした。
(アンケートではもう少し長くても良い」なんて意見もあり。それは楽しいということかな?と嬉しくなりました。)

洗濯機を回しながらレッスンを受け、天気の良い日には、「休憩中に2回めのスイッチを押しました」なんて声も。

一日を効率よく過ごせるというのが、メリットのようです。

レッスン後は家事や別の用事ができる、あるいは、続けて宿題を済ませてしまう、なんて人も。

そして、最大のメリットは、やはり英国IFAのカリキュラムが自宅で学べるということだと思います。

もちろん、実際に会えないのは寂しくもありますが、技術がもたらすメリットも大きいと感じました。

また、スクールでレッスンをする際は、人数分散しつつ、
休憩ごとにと思っていると忘れるといけないので、常に少し窓を開けての換気することも多かったです。(少し心配なのはエアコン代とエコでないこと)

また、受講生の来校前には、いつもより掃除や消毒に時間がかかり、、でも、みなさんをお迎えするための場を整えることに意識が向くので、良いことですね。


「with コロナ」を「with アロマ」で過ごす。

アイネスは、これからもアロマの学びを「真剣にそして、楽しく」お伝えして参ります。


(webレッスンの感想はまた、ご紹介いたしますね。)




 
 


 

〜自分を耕せ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


個人的にも社会的にも「ちょっと運気が悪いな」という時、そんな時こそ、「自分を耕すのに最適」なんだそうです。

自分を耕すとは、自分を掘り下げ、自分に栄養を与える。
運気が向いてきた時に、サッと行動できるように。

具体的には?

勉強にうってつけの時期なんだそうです。

そう、勉強!

もう、コロナで勉強に身が入らないなんて言ってる場合ではありません。

コロナが収まれば頑張る、という、そこのアナタ。

そしたら、外に遊びに行きたくなるのでは?旅に出るのでは?

シングルの人はルンルンなデートに忙しくなるかもしれないし、家族がいる人はワイワイ揃ってお出かけしたいですよね。

ほら、やっぱり今こそ、勉強に最適なんです。


と、今日は講師らしく(?)、アロマの認定試験を見据え勉強に励む受験生に発破をかけます。

努力は、裏切りません。

大丈夫、一人じゃないからね。


 
 


 

〜ビーナス誕生〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


ボッティチェリの「ビーナス誕生」の絵には、海から彼女が姿を現したことを祝って、愛と美を象徴するバラの花が彼女に降るように描かれています。

(※注)ここから、話が飛躍します。


お風呂上がりに、芳香蒸留水のローズウォーターを利用なさいませんか?天然の本物のバラの香りをシュシュッと。

一糸まとわぬ姿で現れた姿を恥じらいながら、バラの香りをまとう「ビーナス誕生」のイメージで。

恥ずかしがらなくても大丈夫。だってこれは、心の中で思うこと。誰にも言わなくていいんです。

湯上がりの自分を祝福して。

広がる妄想と香り。。。

愛と美の香りに包まれ、新しく生まれた気分で。

(失礼いたしました。)


 


 


〜夏・なつ・ナツ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

夏といえば?


入道雲 と 屋外プール

浴衣 と 花火

ラジオ体操 と 朝顔の花

セミの声 と 麦わら帽

コットンのワンピース と サンダル 

お昼寝 と 遠くに聞こえる風鈴の音

夕立ち と 雨のにおい

ビール と 枝豆、、、


あなたの「夏といえば」はなんですか?

今年は、花火大会はないけれど線香花火ならできそう。あえてお庭やベランダでカルピスを飲んでみるとか?
できることもありそうです。
どうせですから、夏を楽しみましょう。 水分補給は忘れずに。


あ、夏には、

「ラベンダー・アングスティフォリア」より「ラベンダー・スピカ」。
「オレンジ」「マンダリン」より「レモン」や「ライム」の香りが似合いそうです。

寝苦しい、暑苦しいときに、どうぞ。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

   

 


   

〜マスクの下は?〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


長かった梅雨が明け、暑くなってきました。

マスクも鬱陶しく感じてしまいます。

でも、物ごとには「良い面と悪い面の両方がある」という原則にかんがみて、何か良いことはないか、考えてみました。

(もちろん、飛沫の飛散防止のため。その他の良いところは?)

まず、鼻の頭と頬骨辺りの日焼け防止。
(ただ、マスクの形に日焼けしないように気をつけねば。)

それでは、これはどうでしょう、
「マスクの下でニヤニヤしても大丈夫。」

街を歩きながら、電車に乗りながら、ひとりでニヤニヤしていたら
おかしな人と思われます。あやしいです、かなり。

でも、マスクがあれば大丈夫。

なんといっても「笑いは免疫力をアップ」します。
本当は、大笑いが良いのですが、口角を上げるだけでも効果はあるそうです。


私たちの体内では、健康な人でも毎日3000〜5000個のガン細胞ができていて、それを自らの免疫で退治しています。その免疫の主役であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が元気になるには「笑い」が大切。

NK細胞は50億個もあるので、元気に頑張ってもらわなくっちゃ。


そして、脳はけっこう騙されやすいそうですよ。

卵と鶏の関係と同じで、幸せだから笑顔なのか、笑顔だから幸せなのか、
これはどちらが先でも同じことなんだそうです。

マスクがあれば、ひと目を気にせずニヤニヤできます。

マスクの下、「への字」になっていませんか?

マスクの下は、ニヤニヤ、ニコニコで参りましょう!

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

   

 
 


 

〜不安は友達〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今、だれにとっても不安を感じやすい状況にあると思います。

不安、恐怖、、、これらの感情は、決して快いものでないけれど、動物として生きるために必要なものだそうです。

(だから、本能の脳(動物脳)といわれる大脳辺縁系 が担っています)

生存に 不利となる状況をしっかり感知して、行動を抑制したり行動を変えたりすることで、生存の確率が上がる可能性がありますから。

不安も恐怖もなければ、随分ラクそうですし、勇敢で大胆な行動がとれそうですが、死ぬ確率は上がります。(たぶんきっと。)

不安や恐怖は、私を生かそうとしている情動なので、つまり「大切な友達」です。

自分が不安を感じているな、と自覚したら、見ないふりや無かったことにはせず、ああ不安さんが頑張ってるな、とねぎらってあげてください。

でも、1日を不安や恐怖に支配されそうになったら、そっとそこから離れましょう。
(いくら大切な友人やパートナーでも支配して来る人からは、離れていいと思います。)

そして、不安や恐怖が私たちの生存を高めようとしてくれるものなら、そればかりになって、ご飯がおいしくなくなったり、免疫が下がったりすることが続くのは「不安ちゃんの本意でもない」と思うのです。

「喜怒哀楽」「不安や恐怖」も含めて、どれも大切な私の友達。すべて私を守り、奮い立たせ、そして くよくよしたり、泣いたり笑ったり。

それでいいんです。

それでもいいんです。

きっと、きっと。


 
 

「世界の駅」、 
三浦幹男・写真、三浦一幹・写真、 ピエ・ブックス

 

〜世界の駅〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


この本は「世界の駅」。駅の写真集です。
コンパクトな写真集ですが、好きで時々開いて眺めます。

多くの国で、歴史ある駅舎はとても大きくて立派。

とくに蒸気汽車が走っていた時代に建てられたものは、煙が抜けるよう天井がとても高く、独特の雰囲気があります。
(モネのサンラザール駅のようにね)

私にとって懐かしいのは、イギリス滞在中よく利用した「セントパンクラス駅」。


目を閉じ思い出すと、、、

プラットホームの端にあるカフェテリアからのコーヒーの匂い。

行き先を告げるアナウンスが高い屋根に響くと、ざわざわと動き出す人々。行き交う時にふと香る海外男性の香水の香り。

乗客が乗り込むと、各車両
の扉を駅員が順に手で閉め、ディーゼルエンジンの音がひときわ高くなると、ゆっくり出発です。

一人で急行列車に乗り込む時のワクワク感と少しの緊張。

(行き先違いでも、降りられるのはかなり先。日が落ちた時間に見知らぬ所に降り立ちたくはありませんから。)

何度も確認したけど、駅から出て少しすると見えるガスタンクみたいな球形の建物を見ると一安心して、美術館巡りで棒になった足元から、ガイド本を引っ張り出し、今日見た名画のおさらい。

それに飽きて、車窓をぼんやり見る頃には降りる駅に近づきます。

他に降りる乗客がいなければ、電車のドア窓を下げて開け、窓枠から外のドアノブに手を伸ばして、重い扉を開けます。(動作説明の文章はむずかしい、、)

最初は急行列車のドアを乗客が開け締めすることにビックリ。
数年後の再訪時には、当時導入したてピッカピカの日立製で、色々自動化されていて、トイレの大きなドアも壁ごとスルスルと自動開閉!(それはそれで戸惑いました。)

書いていて気が付きましたが、私、結構電車好きですね(笑)。
いえ、好きなのは駅舎
?それとも旅なのか?

ああ、こういう人間がいるからこそ、こういう写真集がある。
つまりはきっと、仲間もいるはず。

もしかしたらのお仲間へ
今度アイネスにいらしたら、旅の話をしましょうね。

 


 
 


「花さき山」、 
斎藤隆介・作、滝平二郎・絵、 岩崎書店

 

〜花さき山〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

子供の頃、家にあった絵本。

正確にいうと、インパクトある版画の挿絵は覚えていました。

(数年前に読み返すまで、話は忘れていました。)

ふと、今日思い出して、ふたたび読み返してみると、

それは今の私にとても響くものでした。

------------------

ひとり迷い込んだ山の中で、

『やさしいことを すれば 花がさく。
いのちを かけて すれば 山が うまれる。 』

妹や家族を思って、涙をためて辛抱している
『たった十の おなゴわらし』は『山ンば』にそう教えられます。

自己犠牲が形となった、美しい花。

そう要約してしまうと、なんとも味気なく、自分の意見を伝える大切さや、セルフプロデュースの時代にはそぐわない話に思えますが、華やかな表面だけが美しいのではなく、秘めたやさしさ、けなげさの美しさ。

忘れかけていたことにハッとさせられます。

本来の自分を殺して嘘をつくことは、自分の心と体を傷つけます。長期的に見ると、相手との関係も壊してしまうかもしれません。

でも、どの時代でも、ひとのことを思い涙をためて、辛抱する場面ってあると思います。

親として、子供として、職業を持つ大人として、
家族を思って、仲間を思って、顧客を思って、利用者を思って、患者を思って、、

そんな時、自分は人知れず、花を咲かせていることを知っていることで自分の心は癒やされ、健気に咲く花を見ると心が洗われる思いがします。

絵本ですから、言葉はとても易しいです。そしてとても優しい本です。
しみじみとした、日本語の味わいも。


-------------------

自粛モード、多忙な仕事、あるいは、特に変化のない生活でも。誰のせいにもできないけど、沢山 あるいは少しずつ我慢をしている私たちに。

(ああ、今日何気なく読んでしまったばかりに、つい熱く、そして書評風となりました。 )



「花さき山」、 斎藤隆介・作、滝平二郎・絵、 岩崎書店


 


 


〜すぐ近くの未来〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


もう6月。

気がつけば、ああなんと、一年の半分が過ぎようとしています。

年の初め頃から新型コロナのニュースを聞くようになり「ステイホーム」そして「新しい生活様式」へ、、、

私たちはみんな、記憶に残る2020年を生きています。

みんなで手を取り、肩を組んで、飛沫がほとばしる程おしゃべりして、涙が出るまで大笑いしながら、振り返るときを想像してみます。

私たちは、 どんなふうに変わっているかしら。

そして、変えずにいたいものは何かしら。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

   

 


 


〜イギリスからの便り〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


イギリスのアロマセラピーの先生からメールが届きました。

そこには、新型コロナウィルス感染が急速に広がり、ロックダウンが始まったころのロンドンでは、食品の手に入れ方や手紙や小包をどうやって開けるかといったことにいたるまで、どのように生活すればいいのか誰にも分からずとても戸惑ったと綴られていました。

でも、その制限の中、窓越しに見える庭で太陽の光を浴びている新緑や咲き始めた花々がとても鮮やかに見えたそうです。

ロックダウン下で気づいた身近な自然への感動。

制限が緩和されつつある今も

そんな小さな喜びを一つ一つ味わっていますよ。

と、文章は締めくくられていました。

先生の言葉になんだか心がほんのりと温かくなり、日本でも気がつけば濃くなっている新緑や空の色を私も再発見の気持ちで眺めています。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。
 

 
 


 

〜ベランダから〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


好調です、パセリ。

日が伸び、暖かくなってきて、パセリが小さな森のように茂ってきました。

今日から、1,2本ずつ、朝の目玉焼きの隣に添えましょうか。


そんなことを思いながら、パセリの成長に目を細めていたら、ベランダにシャボン玉が一つ、風に吹かれて入ってきました。

きっと、お子さんのいるご近所からの訪問者でしょう。


そこでふと、私も子供の頃、二階の窓から一人で飽きもせずシャボン玉を飛ばしていたことを思い出しました。

今は大きなシャボンができる専用液も売っていますが、その時は、ママレモンとかの食器洗剤を適当に薄めて作っていたので、すぐに弾けて消えてしまいましたが、パッと消えてしまうのも面白くて、繰り返しくりかえし、ストローを吹いていたっけ。

久しぶりに ベランダからのシャボン玉も良さそうです。

 

 
 


 

〜ベランダから〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


これからです、ローズマリー。

園芸店のポップに「成長が早いローズマリー」とあり、以前育てていたものより、葉が柔らかく料理に使いやすそうと思い購入した苗。

うちに来てから半年ほど経つけど、まだ20センチ弱の背丈。
きっと、これから気温が上がるとグングン成長してくれると思います。(だといいな。)



ローズマリーを使ったオリジナルレシピ。自信作なので、ご紹介します。その名は「洋風肉じゃが」

材料は、ローズマリー2枝くらい、にんにく1かけ、アンチョビ3〜5枚くらい、豚ひき肉、じゃがいも、オリーブオイル。(表記以外の分量はすべて適量、適当です)

@オリーブ油でみじん切りのにんにくとアンチョビを弱火で炒め、香りを出す。

A豚ひき肉を入れ軽く火が通ったら、一口大に切ったじゃがいもを入れて、油となじませる。

Bローズマリーとひたひたの水を入れ、中火で煮る。

C味を見て、塩気が足りなければお塩を少し。粗挽きコショウをふってもいいかも。じゃがいもが柔らかくなったら、出来上がり。


アンチョビの塩気とローズマリーの風味が食欲を誘います。

圧力鍋で作ると、ローズマリーの葉自体がほぐれるように柔らかくなって、より風味が増すのでオススメ。

冷えた白ワインが合うと思います。

さあ、ボナペティ。

 

 


 


〜こんな時だから〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


今日のちょっと嬉しかったこと。

支払いを終え、レシートに目をやると、、、

累積ポイントが

「5555」

でした。

(すみません、すごく小さなことで。)

ゾロ目を見つけると、理由なくちょっと嬉しくなります。

今日、あなたにもちょっと嬉しいこと、ありましたか?

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。
   

 



 


〜チューリップじゃなかった〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


植木鉢の球根が育ち、花を咲かせてくれました。

でも、黄色いチューリップだと思っていたのに、咲いたのは西洋風のラッパスイセン。

芽を伸ばし、蕾をつけた段階で、茎も葉も、蕾ですら想像より細身だったので、すっかり養分不足か私の育て方が悪かったのだと思っていました。

「あれ〜、あなたは黄色いチューリップじゃなかったのね」と

取っておいた球根のラベルを探してみたら、ありました。ほ〜ら、やっぱりチューリップ。

でも、、、黄色くない。

とすれば、これは一年前のだろう、、、きっと。

去年の秋、植えた球根が何か忘れてしまったので、さらに一年前のことはもうサッパリ。

結局、今年の花の名前は分からずじまい。

黄色いチューリップを植えたと思い込んでいたために、キツネにつままれたような気分で毎日花を見ています。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

 


 


〜こんな時だからこそ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


新型コロナウィルスの影響があらゆるところにに出てきています。お子さん、高齢の親御さんがいるご家庭では心配もさらに増えますよね。また、 卒業生、在校生には医療や介護に携わる方もたくさんおられますので、こちらも案じています。


毎日、沢山の情報が流れてきます。
重要なこともあるから、つい見続けてしまう。
でもこれにより、怖い思いやストレスを知らずに受けているのではないでしょうか。

自分の中で、テレビやネットを見る時間は一定に決めておくのも良いかもしれません。

そして、、

アロマを習ったことのある方は、もしかして、精油箱の奥に取っておきの精油をお持ちではありませんか?

特別な時に使おうと思っていた高価な精油やお気に入りの香り。

こんな時だからこそ、誰のためでもなく、自分のために使ってみてください。

とくに眠りの前には、幸せの香りに包まれて、すてきな夢へと誘ってもらいましょう。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。
   

 
 


 

〜冷静さと優しさ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


少し前にネットで見たお話で、うろ覚えなのですが、、

フランスに住んでいる日本人がカフェにいたら、ガタイの良い男性が近づいてきて「どこの国から来た?」と聞かれたので、一瞬、緊張したそうです。すると男性は「もしかして、バカな連中があなたに嫌な思いをさせていたら、ごめんね。」って言って去っていったそうです。

これを読んで私は、嬉しい気持ちになりました。優しい人はいるんだなって。(ちょうどコロナウィルスに関連して、海外でアジア人が怖い思いをしたニュースをよく目にしていたので)

でも、同時に自分の偏狭さに気が付きました。

広い通りを挟んで少し歩いた所にあるドン・キホーテには、アジア系の観光客も店員さんもいることもあって、2月ころから店頭に「がんばろう武漢!」というポップが貼ってあります。
「中国から怖いウィルスが来たら嫌だな」と思っていた私には、最初に目にした時、妙な違和感がありました。

なんだろう、この違和感、、、。

ちょっとしてから気が付きました。物理的に距離を置くのは病気の性質上仕方がないのですが、心にもしっかりバリアを張って
、全然優しい気持ちがなかったなと。原因や責任を考えることと、誰かを責め立てるのは別のこと。今や世界中で「ともに頑張りましょう」ですよね。

情報はとても大事だけど、トップニュースになるものは、映像があって、恐怖心をあおるものが多いことを心に留めて。

冷静さと優しさを持ってこの時期を過ごしたいと改めて思いました。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

 

 
 


 

〜クリーム〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

クリームを作りました。

作成には、何用クリーム?濃度はどうする?精油は何を選ぶ?加える植物油は?香りのまとまりは?

それぞれにいろいろな選択肢があって、 まさに自分だけのオリジナルのクリームができました。

レッスンでは「このレシピで作りなさい」ではなく、「自分で選択できる考え方」を身に着けられるように。

「これからもずっと使ってもらえるアロマの知識を」と願っています。


 
 


 

〜今日の精油は〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今日の精油は、 ひな祭りに合わせて(?)アイネスの姫たちにふさわしい花の香りをピックアップ。

イランイラン、ジャスミン、ネロリ、ローズ・オットー、ローズ・アブソリュート …。


精油の作用はもちろん、植物としての素敵なエピソードも豊富で、お伝えしたいことがいっぱい。

例えば、
イランイランの学名の覚え方、ジャスミンはハートを射止める矢に塗られているというインドの神話、ネロリは花嫁の花かんむりに使われたこと…。

化学成分とエピソードの両面から、精油を立体的にそして、イキイキと身近に感じてもらえたら、と思って。

でも、言葉を尽くすより香りは雄弁でした。

香りを付けたムエットが手元に届くと、ぱぁ〜っと、表情が明るくなって、みんなハッピーになったレッスンでした。


 
 


 

〜ジェル希釈〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


先日、ジェルを基材にユーカリを代表とするフトモモ科の精油を混ぜて作品づくりをしました。

希釈剤には、植物油を用いることが多いのですが、例えば、お昼間、気軽に、顔回りに塗るのにも、ジェルはいい感じ。

オイル希釈だと、どうしても部分的にオイリーになっちゃう。

香りは、鼻が通るような爽やかさ。

使用してのご感想、待ってます。

 

 
 


 

〜ビリジアン〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

ニアウリの学名は「Melaleuca viridiflora」。
種小名のビリディフローラには「ビリジアン色(緑色)の花」という意味があります。
本当の花の色は、薄い黄緑色っぽい色なのですが…、

レッスンの時に「ビリジアンの色、知ってますか?」と皆さんにお聞きしたら、半分ぐらいの方がピンとこなかった様子。

そこで、色見本のため、色鉛筆と絵具を買って参りました。

この色、12色の絵具セットに入っていましたよね?
子供心に 「だいだい」とか「おうどいろ」に交じって入っている「ビリジアン」という音の響きが、それだけ急にモダンな印象で記憶に残っていました。

色鉛筆、本当はビリジアン一色で良かったのですが、売り場で様々なグリーンを手に取ると、織りなす色に魅了され、つい大人買い。上から「モスグリーン、オリーブグリーン、グリーン、ビリジアン、エメラルドグリーン」です。

色鉛筆本体に色の名前ではなく、色番号のみ記載のメーカーもありますが、色の名前にはイメージを広げる力があっておもしろいです。単なる「緑」と「モス(苔)の緑」、「オリーブの緑」、「エメラルドの緑」の色と印象の違い…。

教材の作成というシンプルなタスクに色の魅力をついつい感じてしまい、なんだか楽しい午後となりました。

 
 


 

〜IFAアロマ理論レッスン〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

IFAコースアロマ理論レッスンの終了時、受講生に今日学んだ内容で心に残ったキーワードをあげてもらいました。上がったワードには……

★リンネ先生!
アロマセラピストにとって、精油を抽出する植物の学名はたいへん重要です。でも、ただの暗記モノとなるとツラいので、どうして大切な情報なのかを 学名の提唱者リンネ先生のお人柄を交えてお話をしました。

★私達にも学名があった!
はい、「ヒト科ヒト属ホモサピエンス種」です。動植物には、学問上の名称が決められています。私達も地球に生きる動物ですものね。

★ラべンダーの種によって、匂いが違った!
香りが違えば、成分が違う、成分が違えば、使い方と注意事項が違うこと、ご理解いただけたましたか?

★真正ラベンダーの利用範囲が広い理由が分かった!
アロマと言えば、ラベンダー。愛されてよく利用される理由も納得して頂けたようです。

★スィートアーモンドの花が桜みたい!
桜もアーモンドもじつは、同じバラ科なのです。アーモンドのお花見もしてみたいですね。シチリアやギリシアなど地中海沿岸では、間もなく2月に花が咲くそうですよ。


他にも盛りだくさんの内容でしたが、こんな内容が心に残ったようでした。次回もお楽しみに〜


 
 


 

〜2020年、年明けのレッスン〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

先週、年明け最初のレッスンを行いました。
スタートに当たり、皆さんに「何かお正月らしいことをしましたか?」とお聞きしました。


ある方は、「おみくじが大吉でした!」

またある方は、「家に人が集まって、魚介のご馳走をと 魚をさばくのに奮闘しました。」

初詣の際に御朱印帳を始めたので、「今年は神社に行くのも楽しみです。いっぱい集めたい。」

「年末のセールに初売りと 年末年始はずっとお仕事。お客様がいっぱいで、そして、風邪を引いてしまいました。。


学校に通いながらの生徒さんは、「バイトと大学の試験が重なって寝不足です…。」

「病院で年越しを迎えたけれど、入所者の方々に何事もなく年を越せて良かったです。」とおっしゃる看護師さん。

お仕事だった方には「お疲れ様」。
ハプニングの方には「大変だったね」と他の方から声が掛かって。
家族の様子にほっこりしたり、笑ったり、皆さんそれぞれの年末年始を迎え、そしてアイネスのレッスンに戻っていらっしゃいました。

今年もアロマを大いに楽しみ、幸せな年にしたいですね。本年もどうぞよろしくお願いします。


 
 


 

〜Holiday Season〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


栄の通りは、ショッピングバッグを持った人たちがたくさん。
人の賑わいと華やいだ街の雰囲気に、年の瀬を実感。
そして、たて続けに卒業生が顔をのぞかせてくれました。

今年最後となるレッスンでは、「冬の香り」「クリスマスの香り」をジャンケン大会にてプレゼント。楽しんでくれたかな?


今年もお世話になった方々、通って下さった方々、訪れて下さった方々……、たくさんの方に感謝。

Wishing you joy,
peace and good health
this Holiday Season.

年の瀬にあたり、皆様の 喜びと心の平安、そしてご健康をお祈り申し上げます。

温かなクリスマス、お正月をお迎えくださいませ。






今年のスクールの飾り付けは、白とゴールドを中心に。シンプルで大人のイメージ。
 

 
 

10月5日「ピンクリボンフェスティバル」

 

〜ボランティア活動〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今年も名古屋第一赤十字病院にて、「ピンクリボンフェスティバル」と「文化祭」において、ハンドトリートメントのボランティアをさせて頂きました。

「ピンクリボンフェスティバル」では、 普段、アロマセラピーに触れる機会が無い方にハンドトリートメントをさせて頂くことが私たちにとっても新鮮で、とても良い体験をすることができました。

「文化祭」においては、病院で働く方々の沢山の方の手に触れ、ほんのひと時ではありますが、リラックスして頂けたようです。

いずれも、アロマセラピーを体験して頂く機会であるとともに、私達にできる「善きこと」をさせて頂ける素敵な日となりました。

実施にあたってご準備頂けたこと、沢山の方々に受けて頂けたこと、またボランティアに参加して頂いた すべての皆様に感謝申し上げます。

》》ボランティア活動ページはこちら


11月28日「文化祭」

 


 
 


 

〜お庭のローズ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

先日のボランティアミ−ティング参加者が「お庭で咲いたから」とバラの花をもってきて下さいました。

3種のバラはいずれも繊細で美しく、鼻を寄せるとそれぞれ素敵な香り。

名前も教えて頂いたのですが、「ダブル・ディライト」と あとは……、えっっと、フランス語風のお名前で忘れてしまいました。(Oさんごめんなさい。 )

ちなみにダブル・ディライトは、頂いた時は蕾でしたが(写真は左上の隅)、ローズ・アブソリュートをもっとフレッシュに爽やかにしたような素晴らしい香りでした。 
茎を短くし、暖房の当たらないお部屋に置いておいたら、一週間後には蕾が開き、可憐な姿も見せてくれました。

品種改良を重ね、種類の多さで他を圧倒する薔薇の花。昔から人々はこの香りと姿に魅了されてきたのですね。

育てている彼女は間違いなく、バラに魅入られてしまったのでしょう。私もこの一週間、近づいては鼻を寄せています。

1周間経ちましたが、まだ3種のバラは咲いています。もう少しの間、楽しめそうです。 
お庭のローズ、ありがとうございました。


 
 



「セミの抜け殻写真」はないので、ベランダガーデンの季節のお花を。

 

〜チャイナタウンの思い出〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

先日のレッスン中、話の拍子にふと思い出したことがありました。それは、イギリスに留学中のお話。

ロンドンのチャイナタウンに本格的な中国式漢方薬局があると聞き、訪ねました。なんでも、しっかり問診を行って個々に調合をしてくれるそう。かなり本格的との噂です。

その頃の私は、顔のニキビが気になっていることや、食生活、その他もろもろを話し、脈診など中医学の見立てを受けました。その結果、漢方の種類と配合が処方箋にサラサラと書き出され、それは店頭の人に渡されました。

興味津々の私は、カウンターから身を乗り出し、壁に並んだ無数の飴色の木箱からの
様々なものが計りにかけられ、混ぜ合わされるのを見ていました。

その時、、、!!!!!

木の皮や葉っぱの乾燥させたもの、なんだか石ころみたいにコロコロしたかたまりに混じって、 見たことの有るものが、、、。

それは、見れば見るほど、セミの抜け殻。

ん?セミの抜け殻??

思わず、店の人にも確認しました。
彼は「皮膚に良いんだよ。」と、ことも無げに言うではありませんか。
確かに、本格的な中国の漢方薬を求めて、訪ねたのは私です。そうですけれど。なかなかのインパクト。。

さてこれをどうしたものか。

その日、なぜか人に見つかっちゃいけないものを渡されたような気分で、 紙袋に詰められた本格的チャイニーズメディシンを手に、雑踏をすり抜けて、セントパンクラス駅からホームスティ先への電車に乗り込んだのでした。

今思い出せば、もなかなか愉快な思い出です。


 
 


 

〜テーブルを囲んで〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


イギリスのホームステイ中、日曜のランチには「ベジタリアン」と「肉とジャガイモ」しか食べない人が同じテーブルを囲むことがありました。

最近は、日本でもベジタリアンやヴィーガンについての話題もあるけれど、 その当時「何でも好き嫌いなく食べましょう」という教えを受け、実際に「何かが食べられない、食べない」ということの無い私には、とても不思議な光景に思えました。

どちらも、相手に「なんで?」とも「食べるべき」とか「食べるべきでない」とも言わず、「あ、そうなんだ」くらいの感じ。

これには、食文化や食生活、栄養学や思想的、宗教的背景から色々な事情があるのでしょうし、それぞれの考えがきっとあるのでしょう。

ただ、私にとって印象的だったのは、違いは違いとしてあるけど、互いにそれはそれで良しとして、同じテーブルを囲んで楽しくお喋りをする
みんなの姿。

留学中は、キッチンで色々なことを学びました。
その一つが「いろんな考えがある。いろんな人がいる。それでも大丈夫なのかも。」ということでした。


 
 


 

〜IFA本試験〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


イギリスより試験官が来日され、9月にIFA認定本試験が実施されました。

緊張感に早鳴る鼓動。

クライアントに触れるうちに「ふっ」と取り戻すいつもの感覚。

受け手のリラックスした表情にこぼれる笑み。

すべてを終えての安堵の表情。

受験生の皆さんは、試験という緊張の中
ベストを尽くされたことと思います。

よく頑張りましたね、皆さんを誇らしく思います。

そして、すべての試験に関わって下さった方々、協力してくれた方々に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 
 


 

〜ボランティアチームのミーティング〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

総合病院の緩和ケア病棟において、トリートメントを行っているアイネスのボランティアチームのミーティングを開催しました。

今回の集まりでは「それぞれの体験のシェア」や「ちょっとした課題の解決」ができました。
(写真はベッドに横たわる方へ
のタッチ法を確認中の皆さんです)

この活動の原点は、イギリスで学んでいる時にアロマセラピーが社会に広く認知されている様子を目の当たりにしたことや、病院でアロマセラピストが働いていること、ホスピスにおけるボランティア活動に長年たずさわってきた 元IFA会長のジョアンナ・ホア先生の案内でホスピス見学をさせて頂いたことにあります。

実際の活動は地道なものです。
実際に触れることで伝わるものの積み重ね。
IFAアロマセラピストとしての倫理を守り、寄り添う気持ちを携えて。

参加メンバーの皆さん、タッチを受けて下さる方々、受け入れて下さる病院スタッフの皆さま、心より感謝申し上げます。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

》》 「ボランティア活動」のページはこちら

》》 IFAコース「特典&特色」 はこちら


 
 





 

〜趣味、、、〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


写真は7月上旬(?)に撮ったベランダガーデンです。

左上は、白いエキナセアの花。
手に取っているのは、コリアンダーの花。
左下は、バジル。

写真ではいい感じに写っていますが、現在は、暑い暑い日を経て、エキナセアは硬い葉を残すのみになり、コリアンダーは種を付けた後に枯れてしまい、バジルは何回かの収穫を経て、ずいぶん葉がさみしくなっています。

時期になると、植えては枯れ、植えては枯れ、、
考えてみれば、心ときめかせウキウキと苗を買い、せっせと鉢に植えてみて。日当たりの加減か、はたまた何の加減か、苗のタグ写真より花つきが悪いこともしばしば。そんなことの繰り返し。

花の時期が終わって、寂しくなったベランダにふと、思う。

『誰にも頼まれていないのに。。。』

でも、考えてみれば「この誰にも頼まれていないのに」 つい、やってしまう、やらずにいられないことこそが、「趣味」 というものかもしれませんね。

この夏も ずいぶん楽しませてもらいました。

また、秋風が立つころには、冬用花壇に何を植えるか考えてしまうんだろうな


誰にも頼まれていないのにやってしまう、それができる幸せ。
これからも 心して楽しみたいと思います。


 
 


 

〜アイネスの解剖生理レッスン(ナースの感想)〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


IFAコースで学ぶ看護師さんは、解剖生理学の受講免除が可能となります。その分、受講料が軽減されるので、利用される方も多くいらっしゃいます。(苦労して取得した国家資格ですもの。解剖生理学を履修、マスターしたことの証となります。IFAアロマセラピスト資格取得にあたって、看護師資格を活かして頂けますよ。)

一方で、解剖生理のレッスンを受講される看護師の生徒さんも毎年おられます。今日は、そんな方たちの感想をご紹介させて頂きます。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

◆看護師資格を取ったときは、勉強や暗記にとにかく必死だったけど、今回初めて、解剖生理が楽しいと思えました。

◆体のことは、知識としてもちろん知っていましたが、アイネスのレッスンを受けて、”自分のこととして” 捉えることができるようになったので、「体はエライ、よくやってくれてるなあ」と感じて、今は「いとしく」思えるようになりました。

◆仕事を初めてからは、どうしても専門分野の知識だけになりがちだったので、体の基本だったり、横のつながりを再認識しました。

◆忙しさにかまけて、後回しにしていた自分の体を大切にするようになったこと、セルフケアできるようになったことが嬉しいです。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

》》IFA「看護師コース」はこちら


 
 


 

〜赤ちゃんラッシュ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


卒業生がベビーを連れてきてくれることが、立て続けにありました。

彼女のベビーもお腹の中にいる時にアイネスに通った、”特別受講生”。そんな可愛いベビーがこちら。

嬉しかったのは、アイネスで習ったことが妊娠・出産・産後にとても役立ったと教えてくれたこと。

アイネスで助産師さんのお話を聞いたこと、
自分のケアに使えるハーブや安産のハーブを学んだこと、
分娩時の精油のチョイス、タッチングの方法、、、

一人目の出産より心の余裕があったのはもちろん、アロマを学んでからの出産は、気持ちも体もハーブや精油で分娩に備えることができ、彼女いわく 満月の日に「つる〜んと出てきた」そうです。ドクターにも褒められたほど。

安産だったので、産後の体もラクで有り難いとも。
そして、ベビーもグングン体重が増えているそうです。

私どもにとって、受講生・卒業生からのハッピーなニュースは、何よりの楽しみ。講師どうし「良かったね、嬉しいね〜」と話しております。

これからも、お母さん、ベビー、ご家族のみんなが香りとともに健やかでありますように。ご自身と家族の健康を その手と智恵で守ってくださいね。

学んだことを幸せにつなげて下さって、ほんとうにありがとう。


 
 


 

〜卒業生(ナース)の感想B〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

ナードとIFAコースを修了した看護師の卒業生が遊びに来てくれました。アイネスで学んだ後、変化があったかお聞きしました。
今日は、そのB(完)です。
Q) アイネスで学んで、変化はありましたか?
A) お互いにトリートメント練習で鎧を脱いだ仲、
勉強の時、互いを励みにした仲間、
遠慮なく、好きなことを語れる友達ができたことです。

今年の1月、仲の良いクラスメイトとオーストラリア、タスマニアをバックパックで旅行に行ってきました。

ハイライトはいくつもあったけど、その1つは、タスマニアのラベンダー畑への見学。
蒸留したてのラベンダー精油に大興奮の私達に、親切な農場のおじさんが香りを私達の手に着けてくれたこと。そして、ラベンダー味のアイス。

ユーカリの葉から揮発した精油を含む空気が漂っていることで、山全体が青みがかって見えることからブルーマウンテンと名付けられた山へ行ったこと。

植物園では、延々と知ってるハーブや木、フトモモ科植物を見て回ったこと。あまりにもマニアックな興味が大爆発(!)で長い時間いたので、他の人とだったら、きっと私たち迷惑がられたね と2人で思い出し笑い


大人になってから、こんなに楽しい仲間に恵まれるとは思っていませんでした。

クラスには、同じ看護師の方もいて励まされることも多かったし、また仕事を離れて、年齢や職業が異なる仲間ができたことも とても良かったです。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

ラベンダー農場で食べたラベンダー味のアイス。暑くてすぐに溶け出してしまうアイスと競争のように食べたそうです。


 
 


 

〜卒業生(ナース)の感想A〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

ナードとIFAコースを修了した看護師の卒業生が遊びに来てくれました。アイネスで学んだ後、変化があったかお聞きしました。
今日は、そのA。
Q) アイネスで学んで、変化はありましたか?

A) 初めて合う方に自己紹介する時に「看護師です」に加えて、「アロマセラピストです」と言うようになったら、人との繋がり方が変わりました。

これまでは「看護師です」と言うと、お相手は「大変なお仕事ですね」と言って下さって、そこからの会話でした。

でも、 看護師にプラスして「アロマセラピストです」と言うと、意外に ”アロマ” というワードに反応してくれる方が多くて、「実は、私もです」とか「ハーブに興味があります」「私は鍼灸をやってます」なんて、自然や心と体のことに関心がある方との会話が広がるようになって、人との繋がり方が変わりました。

もちろん、看護師である自分も好きだけど、単に忙しい人というレッテルで見られない自分も楽しんでいます。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

写真は、タスマニアのラベンダー畑と彼女。青空に大きく手を広げている様子が見えるかな。


 
 


 

〜卒業生(ナース)の感想@〜

》》IFA「看護師コース」はこちら
*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

ナードとIFAコースを修了した看護師の卒業生が遊びに来てくれました。アイネスで学んだ後、変化があったかお聞きしました。

今日は、その@。
Q) アイネスで学んで、変化はありましたか?

A) アロマでセルフケアができるようになりました。

学ぶ前は、病院に行くほどの不調でなければ、市販薬で対応したり、忙しいときには、ついつい自分のことは後回しになっていました。

でも今は、 自分の状態に合わせて、精油を選択することを日常的にしています。

疲れた時は、帰ってすぐに精油バッグの所に行って深呼吸。。

精油には、忙しいとき本当に助けてもらいました。

強い薬や病院の前に、そこをはさめるようになったことがとても嬉しいです。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

写真は、同級生とオーストラリア旅行に行った時のもの。聞いているこちらもハッピーになるほど、とても楽しそうに報告してくれました。


 
 


 

〜ベビーの受講生〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

当校の受講生の中には、結婚や出産をくぐり抜けて、IFA資格を取得された方がこれまでに何人もおられます。

やりたいことを楽しみながら、真剣に取り組んで輝いていると、人生の歯車が思いがけず円滑に回り始めることがあるようです。

(もちろん、それぞれの人生ですから、同じことが誰にでも起こるわけではなく、その方に起こるべきことがスムーズにやってくる感じ、と言えば伝わるでしょうか。)

彼女もそんなお一人。

通学中に彼女のもとにベビーがやってきました。

彼が去年、お腹の中で一緒にIFAレッスンを受けていたベビー。

レッスンも本試験も無事クリアし、産まれた彼もこんなに大きくなりました。この日は少しの間、名古屋を離れるとのことで、雨のなか挨拶に来てくれました。

アロマをお伝えしていて嬉しいのは、幸せの連鎖を見ることができること。お空は雨模様でしたが、ほっこり明るい気持ちになった一日でした。


 
 


 

〜人生の運転手は私。〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


今日、いいお話を聞きました。それは、こんなイメージ法。

腰の慢性的な痛みを訴える人の中には、原因不明の場合もあるそうです。その場合、原因は腰にはなくて「脳」にあるとのこと。

常に意識が「痛む腰」にあると、脳からの痛みを抑える物質が出にくくなるそうです。

だから、その人にとっての痛みは真実ではあるけれど、それに囚われないよう、痛みと自分を切り離して考える。


イメージは、人生を進む車の運転手は自分であって、痛みにハンドルを握らせない。痛みには、後ろの座席くらいに乗ってもらって。

痛みと真っ向勝負はあえてせず、逆になかったことにもしないけど、痛みに人生のハンドルを乗っ取らせないと決めること。

私の人生の運転手はあくまで私。

時には、やっかいな同乗者を乗せちゃうこともあるけれど、コントロールは私にある。

さ、みなさん、シートベルトをしっかり締めて、ドライブは続きますよ。


 
 


 

〜アロマの母校〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


先日、卒業生の方が

「私にとってアイネスでの学びは、アロマの基礎教育のように思っています。」と言って下さいました。

卒業後も健康やアロマへの興味がどんどん出てきて、関連する勉強会に参加するけれど、土台となる知識があるので安心して取り組めるし、理解度が違う、とのこと。

実は、彼女はナースでいらっしゃいますが、専門知識に加えて、アロマでのケアやホリスティックなものの見方を職場でも活かしているそうです。

(さらに、家庭でも大いに実験(?)、いえ実践をしていて、どんどん家族が健康になっているそうです。)

そういえば以前「自分の中で、アイネスが最終学歴。アロマの母校。」と表現して下さった方もいました。

自分で自分の関心事にしっかり取り組めた時間であり、そのことに自信と誇りを持っておいででした。

手前味噌ではありますが、とっても嬉しかったので。そして、これからも誇りに思ってもらえる学校であるよう、自分たちへの約束として書かせて頂きました。

》》「受講生&卒業生の声」はこちら


 
 


 

〜幸せの方法〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


「ラベンダーの香りはリラックスしたい時に」 etc.

アロマセラピーが心身のケアに良いらしいということは、知られるようになりました。

「でも、なぜいいの?」ということを説明できますか?


先週のナード・アロマアドバイザーレッスンでは、

「自律神経の働き」と「沐浴効果」、「化学成分のエステル類」について学習した上で、バスオイルを作りました。

やはり、
納得の上での実践は、より効果を発揮するように思います。

なんといっても、お仕着せでなく自分のチョイスした香りに包まれてのバスタイムは、幸福感も倍増。

アロマバスは、自分で自分をご機嫌にできる手軽な方法。


実は、自分を そして周りの人を「幸せにする方法」を知ることができるのがアロマの醍醐味。

(ちょっと、大げさとは思いつつも…やっぱりそう思っています。)

》》「ナード・アドバイザー資格」はこちら


 


 

〜ラベンダーの記憶〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


ラベンダーの季節ですね。

イギリスでは6月〜8月
がその時期ですが、気温の高い日本(とくに本州)では梅雨に入る前の気候が合うようです。

お花屋さんに鉢植えが並んでいたり、今年はご自宅で育てたラベンダーを持って来て下さった生徒さんもいて、生の香りにふれる機会がありました。

もちろん、精油の香りもとても良いのですが、むらさきの花穂を撫でて感じるフレッシュな香りはとてもステキです。
(写真は、フレンチ系のラベンダー。少しシャープな香りです)

そして、このフレッシュな香りを嗅ぐと、私の記憶にはイギリスのラベンダー畑が広がります。

それは、留学中にマーガレット先生がラベンダーの産地、ノーフォークにピクニックに連れて行って下さった時のこと。

よく乗せてもらっていたブルーグレーの車のこと、持っていったランチボックス、ラベンダーを乾燥させている倉庫に迷い込んだこと、、、

「良い香り」と「良い記憶」の結びつき。

品種にもよりますが湿気と高温が苦手で、つまり名古屋での栽培には注意とお世話が必要なラベンダーを大切に育てていらっしゃる生徒さんにも もしかしたら「香りの記憶」があるのかもしれませんね。


追記:
別の生徒さんが「グロッソ種」が育てやすいと教えてくれました。風通しの良い彼女のお庭は条件が合うようで、直植えのラベンダーがだんだんと増えているそうです。

また別の生徒さんのお母様は、鉢植えのラベンダーを家に入れたり、お外に出したりしながら、上手に育てているそうです。

ラベンダーを育てている方がいらしたら、また教えて下さいね。


 


 

〜初夏のオードトワレ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

先日のナード・アロマアドバイザーレッスンは調香でした。

生徒さんのチョイスは、

マンダリン、ローズ、ネロリ、サンダルウッド。

完成した香りは、この季節にピッタリな初夏のイメージ。

まず爽やかさが鼻に届いた後に華やかさ、そして穏やかさもあって、とっても とっても素敵でした。
バラやみかんの花咲く、初夏の庭の甘い空気のよう。

レッスンで使うトライアルキットは、60種ありますから、選択肢は無限大ですが、とても贅沢で素敵なチョイスでした。

自分で作ったオードトワレは、熟成していくまでの香りの変化も楽しめますし、使い切った後は、ご自宅でまた同じ香りを あるいは、改良バージョンを作成できます。

彼女の香りはとてもバランスが良かったので、次の作品も期待大!

》》「ナード・アドバイザー資格」はこちら


 


 

〜香りに誘われて〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

5月の散歩は、香りが良くてウキウキします。

みかんの花、ジャスミン、くちなし、バラ、、、

鼻をヒクヒクしながら歩いていると、今までは通り過ぎていた場所にも、思いがけず美しい花との出会いがあります。そんな時は思わず足を止めて、香りのお裾分けを頂きます。

(たいていは、どなたかのお庭や玄関先だったりするので、あまり不審に思われないよう、さり気なく、そう、あくまでもさり気なく……)

写真のジャスミンは、かつて生徒さんがご自宅で咲いたジャスミンをお持ち下さった時のもの。
教室に漂う甘い香り。幸せな香りでした。


 
 


 

〜りんねさう〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

「カール・リンネ」の名前を知っていますか?

(私は、敬愛の念を込めて、心の中でこっそり 「カールおじさん」と呼んでいます。)

存命中から有名な学者であり、生物の学名を体系化した博物学・植物学のまさに大先生なのですが、音楽を愛し、ユーモアもある素敵なお人柄だったそうです。

それゆえもあったのでしょう。新しい大陸に渡ったプラントハンター達は、命をかけて収集した植物標本や植物画をリンネ先生に送り、彼は世界中の植物の分類をし、そして学名をつけていきます。


そんな彼が一番愛した植物を知っていますか?

それは「りんね草」。彼自身が名付け親。
淡いピンクの特徴的な1対の花を咲かせる高山植物です。

リンネ先生ほどの方なら、もっと大きくて、派手な珍しい花もいっぱい知っていたはずだけど、この楚々とした花を愛したところにお人柄が忍ばれるように思います。


さて、額の絵なのですが、右下が「りんね草」。
同じページに「連福草(れんぷくそう)」が描かれています。

「連福」という名前がとても縁起良い感じがして、そして、「りんねさう」と古風な表記にも大いに惹かれ、神田の書店で手に入れた大正時代の植物図録の1ページです。


リンネ先生については、覚えるのに骨が折れる学名がなぜ試験に出るのか、というお話の中でさせて頂いています。

単なる暗記ではなく、覚える意義を知ることも大切だから。

そして、魅力ある人物だから。

これからアロマ理論を受ける方は、楽しみにしていて下さいね。


 
 


 

〜○○リスト〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今のあなたの人生で 無くなったら悲しいものをあげて下さい。

いくつでも 何でもかまいません、
そう、リストにしてみるのもいいですね。

無いと悲しい、困る、嫌だな、って思うもの………



上がりましたか?

そのリスト、実は「今ある宝物リスト」なんです。

欲張りな私は、すでに沢山の大事なものを持っていました。

いつもは、無いものばかりに目が向きますが、

時には、当たり前に「ある」「いる」ことに感謝。


 
 


 

〜未来〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

卒業生が9ヶ月になった宝物を連れてきてくれました。

通学中はまだ独身でしたから、「彼女がお母さんになったのね」なんて、なんだか老教師に似た心境。

初めは「キョロキョロ」とはじめての場所を彼なりに観察している様子でしたが、次第に笑顔を向けてくれるようになり、さらに可愛い足をバタバタと ジャンプジャンプのご機嫌に。

赤ちゃんや小さな子を見ると、未来を感じることができます。

良き未来であるように。そして、良き未来にしなくっちゃ。

ちょうど、新たな元号も発表されました。

良き時代であるように。そして、良き時代にしなくっちゃ。


 
 


 

〜コンサルテーションの練習〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

先日、コンサルテーションの練習をペアになって行いました。

皆さんすでに実技の症例をとっていらっしゃいますが、自分がしっかりとコンサルテーションを受ける機会はあまり無いかもしれません。

自信がないと言いながら、皆さん聞き取りの内容からお相手に適したブレンドオイルを上手に作っておられました。

そして理屈ではなく、アロマセラピストの表情や言葉、質問や提案がどのようだったら嬉しいかを体感されたのではないでしょうか。

今日のお相手の心と体にピッタリな精油をチョイスして、ブレンドするには、知識と感性が必要。

時間をかけて、自分に耳を傾けてくれた満足感。

自分のためだけに調合されたブレンドオイル。

完成品を手に嬉しそうな顔をあちこちに見ることができました。

》》「IFAカリキュラム概要」はこちら


 


 

〜女性の体へのメッセージ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

助産師の先生に「性と出産」についてのご講話をして頂きました。

受講生のみなさんの中には、出産がこれからの人も済んだ人もおられました。また、広い意味で見ると、現代の女性には多様な生き方があって、望んでも恵まれない人、ご縁のない人もいます。

そんなデリケートなお話も、やさしい視点とお声で丁寧に伝えて下さいました。

私は、女性の体を(自分を)大切にしたいと素直に感じることができました。

そして、ここに生きている私たちは必ず母の胎内で育まれ、世に送り出されてきた命。

日常の中で、忘れている大切なことを思い出す時間となりました。


 


 

〜ライフプランニング〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

IFAクラスでは、「ビジネススタディ」という項目があります。

これは、「習得した知識と技術を人生にどのように役立てていくのか、考えてみましょう。」といった意味合いを持っています。

自分と周りを幸せにすることができるのがアロマセラピー。
それをスタートさせるにあたって、何が必要かを考えておくことは、合格後の一歩を踏み出すためにとても大事なこと。

そのために、お金を含めた人生設計をどのように考えればよいのか、ファイナンシャルプランナーの先生においで頂いて、特別レッスンを行いました。

日常生活、そして仕事でも、案外基本的なお金の知識を学ぶ機会はないように思います。

夢実現のための大切なお話をお聞きできました。

》》IFAコース「特典&特色」はこちら



 
 




 

〜香りと祈り〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


昔から、祈りの場には香りが付き物でした。

カトリック教会でのフランキンセンス、
仏教寺院ではサンダルウッド(白檀)が代表的。

薫香といって、芳香植物を香炉で温め、その芳しい香りの煙を立てる方法は、最もシンプルな香りの引き出し方。

人々は自らの祈りを立ち上る煙に乗せて、天に届くように願ったのでしょう。

また、聖なるものは、良い香りを好むのだそうです。
逆をいうと、良い香りのもとには、聖なるものが宿る。
香りが祈りの場を創ります。

現代のアロマセラピーの学びには、伝承だけではなく科学的・化学的視点を欠くことはできません。
一方、精神と香りの関係は、いつもの精油のお勉強とは異なる側面を持っています。

でも、どちらかだけの理解では、つまらないし、不十分かと思います。ちょうど車の両輪のように。

アロマセラピストは、精油を「頭」で理解し、「心」で使えるといいな、と思っています。


 
 


 

〜袖触れ合うも多生の縁〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

本当かどうか、確かめるすべも無いのですが…、

一度でも一緒にテーブルを囲んだ人とは、過去からのご縁があるそうです。

もしそうであるならば、

3ヶ月、そして1年と同じ机で学ぶ私たち、

トリートメント練習で、肌に触れ合う私たちには、

きっとご縁があるのでしょう。

これからも、アロマを中心に、良い出会い、良いご縁が広がりますように。

 

 
 


 

〜名古屋ウィメンズマラソン〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

雨の日曜日、名古屋ウィメンズマラソンが開催されました。

ちょうどランチタイム頃、アイネスからすぐの「久屋大通り駅」付近で、観戦と応援をしてきました。

この大会、「女性限定のマラソン大会として、世界最多21,915人の参加人数で去年、ギネス世界記録を更新した大会」だそうです(!)

二万人以上…、

生徒さんが参加すると聞いて見に行ったのですが、

彼女を探すことが出来なかったはずですね。

でも、 たくさんの走る人から元気をもらって、午後のレッスンに臨みました。

 

 
 


 

〜相乗効果〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

前回のレッスンでは「ベースノート」といって、深さと重さのある香りを取り上げました。

単体の精油として、甘く香りの良いものも勿論ありますが、なんとも初心者向きではない、土を思わせる香りもいくつかご紹介しました。

まず、単体で香りを嗅いで頂くと、皆さん「う〜ん…」って感じ。。

でも、私のブレンドサンプルを試してもらったところ、ベースノートを少し加えることで、香りの完成度が上がることを体感して下さったようでした。

まさに、香りの「足し合わせ」にとどまらず、「掛け合わせ」によって広がる魅力。

「相乗
効果」の世界です。

その後のブレンドオイル作成では、皆さん どうしても自分の好みに偏ってしまう香りを相乗効果の力を使って、『上級者の香り』に仕上げておられました。

 

 


 

〜春〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。.

冬に蓄えた「気」が芽を出し、花を咲かせる春がやってきました。

一度、出てきた芽を引っ込ませるのは、ムリなんです。

人間も自然の一部。

春の陽気とともに、新しいことを始めたい気持ちがムズムズしてきたら、引っ込んでいないで、手足をノビノビと伸ばし、一歩踏み出してみませんか?

もう、春は来てますよ。

 
 



 

〜蒸留実験〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。.


小型の蒸留器を使って、
蒸留実験をしました。


教室に準備したマシーンに皆さん興味津々。

はてさて、結果は……

芳香蒸留水の表面にキラキラと光るエッセンシャルオイルを確認できました。

釜に詰め込めるハーブの量が限られているので、精油の採取とまではいかないのですが、蒸留法を目で見て、体験して頂けました。

10世紀の頃に確立した方法とされていますが、結局、現在に至るまで、様々な精油抽出のメインとなる方法なのですから、なんとも、シンプルで本質的。偉大な発見ですね。


 
 




 

〜ベビーマッサージ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。.


赤ちゃんが生まれた人、これから出産を控えている人、姉妹に赤ちゃんが生まれた人など、6名の方が集まられました。

理論と実技の学びをしましたが、2ヶ月半の赤ちゃんも参加してくれたことで、笑顔いっぱいのレッスンになりました。

このベビーは、お母さんのお腹の中にいる時にもアイネスに来ていたので「始めまして」のような、「やっと会えましたね」のような、嬉しい出会い。

お母さんと赤ちゃんの絆をつなぐ、優しいタッチ。

大切に触れることは、それ自体が愛情となります。

みんなみんな、健やかに成長しますように。


 
 


 

〜幸福〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。.

観葉植物の「幸福の木」の花、見たことありますか?


スクールにあるドラセナ(幸福の木)は、ちょうどひな祭りの頃、花を咲かせました。

どういった都合か分からないのですが、毎年は咲いてくれません。

ピンポン玉くらいの毬のように咲く花も可愛いのですが、濃厚な香りと透明で甘い蜜も楽しみの一つ。

夕方から開花するので、午後のレッスン生の皆さんには、見て頂けました。

そして、みんなで舐める「幸福の蜜」。

なんだか、いいことがありそうな気がする、美味しさでした。


 
 


 

〜「いいね!」の加速〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

レッスンで取り上げた精油を中心にブレンドしても、まったく同じ香りになることはありません。

僅かな精油、滴数の違いで、バリエーションが生まれます。

個性も出ます。

みんなで作ると、「あ、それいいね!」の発見が加速します。


 
 


 

〜春色のクリーム〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

精油理論のレッスンでは、ブレンドやクラフトを作っています。

この日は、シアバターの春色クリーム。ほんのり黄色になりました。

香りは、肌に良いものを中心にリラックスできるものを 生徒さんそれぞれがチョイス。

楽しく迷いながら、それぞれのクリームが完成しました。


手にとると、なんだか美味しそう。(そう見えるのは、私だけ?) 

もちろん、食べてはいけません。


 
 


 

〜集いの意味〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今は、情報がたくさんある時代。

そしてネット環境があれば、わざわざ出かけなくても・・・

でも、どれだけ優秀な人でも、一人きりで勉強するのは弾みがつかない、効率が悪い、なんてことはないでしょうか。

一人では、とても大変なことと思っていても、みんなで取り組むと、「勢いと笑い」で思いのほか、スルリとできちゃうことがあるんです。

とくに 大人になってからの学びは、誰かと比べる必要がありません。

だって学生時代より、さらに家族、仕事、生活環境もそれぞれ。

もとより比べることができないのです。

それに大事なことは、誰かと比べた優秀さより、他でもない自分を充実させること。

新しい経験を ともに楽しむ仲間がいるのは、良いものですよ。


 
 


 

〜ブレンドオイル〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

ブレンドオイルの作成では、濃度計算が大切。
そして、目的に合わせた精油選択、香りのバランスを考えて滴数を考える。

シンプルだけど、選択肢は無限大。

例えば、たった5本の精油でも2種の組み合わせだけで10通り。3種の組み合わせでは?、比率を変えると? 、、、
(はぁ、数学が苦手だったもので、もうお手上げ。)

無限の組み合わせからの「組み合わせの妙」。

今日のベストを引き出す楽しさ。

そして、時々思いがけない香りとの出会い。

また、使った感想を聞かせて下さいね。


 
 


 

〜桃の花〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

飾った絵は、古い植物図鑑の一項。

「いつさいもも(一歳桃)」だそうです。

写真や多色刷りの印刷が普及していない時代のもの。

木版刷りのようで、味があります。

写真に比べれば、 正確さは劣るのでしょうが、

植物を愛でる気持ちが、この図譜を作らせた気がして、見ていて楽しいです。


 
 


 

〜おひな様〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

スクールの小さなお雛様。

ハマグリで出来ています。

毎年、出してくる頃は寒くとも、姿を見ると春の兆しを感じます。

今年はちょうど、お雛様の時期に「ベビーマッサージ」レッスンがあります。

久しぶりの顔が集まりますので、今からウキウキしています。



 
 


 

〜香りの発見〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

IFAのアロマ理論では、60種の精油を学びます。

この日は、ユーカリを始めとするフトモモ科の植物と、ローズマリー、ペパーミントなどのシソ科の植物を取り上げました。

特に、ユーカリ・グロブルスやティートリーは、冬場に大活躍の精油。

でも、こうした精油のブレンドは、『スースー』と寒い印象になってしまうことも。

そこで、ひと工夫。

ユーカリとティートリーのブレンドにメイチャンを加えることで、香りがグレープフルーツ調になりますよ。

グレープフルーツ精油を混ぜてもいいのですが、案外香りが弱く感じるので、しっかり香るメイチャンがいい感じ。

これは、ノートの上の勉強だけでは気づかない発見。

IFA生には、30本の精油をお渡ししていますので、アレンジも自在。

レッスンでも、実際の精油を手に”実験”をしています。


楽しんで下さいね。


 
 


 

〜二十歳〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

昨日は、成人式でした。
新成人の皆さま、成人おめでとうございます。

とっくに昔のこととなった私ではありますが、皆さんは、二十歳の頃の自分に声をかけるとしたら、なんて言いますか?

今から思えば、輝かしい若さを持つその時の私は、果たして脳天気にそれを謳歌していたかというと、その時はその時なりの悩みや不安がいっぱいあったような気がします。
ひょっとしたら、今より深刻に考えていたかもしれません。(長い思考に耐えうる根気と体力、そして時間があったから)

それはそれで、今の私の糧になったのであり、そんな不器用で生真面目な自分を褒めてあげたい。

でも、今の私からは、とても「もったいない」気がします。
『もっと気楽に何にでもチャレンジしてみて。』と伝えたい。
(もちろん無理だけど)

だから、若い皆さんは好きなことにどんどんチャレンジして下さいね。


さて、 ここまで書いて、考えてみると。。。

ここからもっと年を重ねた自分は、今の私に何を言いたいか。

同じ気がする。

『もっと気楽に何にでもチャレンジしたらいいよ。やりたいことをやってね。深刻にならず楽しんで。』

不器用なまま、生真面目なままでもいいから、それでも今を楽しみましょう。

そう思う、成人の日でした。

 

 
 


 

〜バカバカしくとも〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

本来、自分の年齢は、そのままの数字で良いわけで。

足したり、引いたりしなくて良いわけで。

でも、バカバカしくとも、一度つぶやいてみて下さい。

「私、クレオパトラ。二十歳♪。」

あまりのバカっぽさに なんだか笑えませんか?


だって、逆のことを日常的にしていませんか。

鏡を見て、「私、年取っちゃったわ。もう、お婆ちゃんだわ。」

そんなおまじないを自分にかけるくらいなら、

バカっぽくてもいいのではないかしら。


アレンジは自由です。

例: 「私、楊貴妃。18歳。」

思い切って、現実離れした設定がいいですよ(笑)

その方が楽しいから。

---------------------------

先日、芳香植物の歴史をレッスンしました。

この思いつきを話すのは少し勇気がいりましたが、
紀元前3000年〜の歴史をもつ、古代メソポタミアや古代エジプト。5000年前の文明に思いを馳せていたら、ほんの少しのことなんて、どうってことない気になりまして。
どうも 失礼いたしました。


 
 


 

〜新たな年に 新たな自分〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

新しい年を歓迎しましょう!

いくつになっても私達の周りは、新たなものであふれています。

知らなかったもの、楽しいこと、そして時には苦い発見。

でも、自らの運命は変えることができると マザー・テレサの言葉が教えてくれます。


思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

---------

新たな年に 新たな自分。

さあ、今年をどのような年にしましょうか。

年明けの初レッスンにて、皆様にお目にかかれるのを心待ちにしています。


 
 


 

〜新年のご挨拶〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

輝かしい年頭にあたり、

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 

 
 


 

〜季節のご挨拶〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

Wishing you
a beautiful Holiday Season
and a New Year
of Peace and Hapiness.

早いもので、もう 新しい年の足音が聞こえてきました。
お陰さまで今年も無事に年の瀬を迎えることができました。
皆さまに心よりの感謝をいたしますとともに
素敵なホリデーシーズンが訪れますこと、
そして 新年の平穏と幸せを祈念申し上げます。

from Ainess Aromatherapy


 
 


 

〜特別会場のデコレーション〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

もしかして、ひょっとして、気になっている卒業生の方へ。

今年も狭くとも皆さんにより、美しく保たれた特別会場にデコレーションができました☆

今年のテーマは、「素朴な北欧風」です。

この季節は、お立ち寄りになる卒業生さんがいつもより多い気がします。

こうした飾りつけも『子供っぽいかな』『もう、今年はしなくてもいいかな』なんて チラッと思うのですが、毎年の恒例となっています。

思えば、クリスマス、年末ともなれば、ウキウキが止まらなかった子供の頃。

大人になると気忙しいばかりで、そんな気持ちも褪せていませんか?

飾りを見た方の「気持ちが明るくなったわ♪」という言葉を聞いて、やっぱり良かった!と思いました。

笑顔がもらえる私は、ちょっとだけ サンタ気分。

ささやかではありますが、アイネスからのクリスマス気分、ハッピーのお裾分けです。




 

 
 

12月は「ハート」を作成。

 

〜ボランティアチームのミーティング〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今日は、ボランティアミーティングの様子をご紹介。

アイネスはチームで総合病院の緩和ケア病棟でのトリートメントボランティア活動をしています。

メンバーは、IFAアロマセラピストの倫理に沿い、安全にトリートメントを受けて頂くことを信条としています。

そんな中、香りを希望される方には、芳香利用をすることもあるのですが、ティッシュに精油を滴下するだけでは味気ないということで、今年は「香り付け用の折り紙」を作ってみました。

もちろん、より良いものとなるようミーティング、活動のシェアをするのですが、その後は「ちょっと喜んでもらえるかな」なんて、リラックスしながら作業をするのも楽しい時間でした。

私たちのアロマセラピーを
受けて下さる方、そして
受け入れて下さる病院の方、今年もありがとうございました。
メンバーの皆さま、お疲れ様です。

関わって下さった方すべてに 感謝いたします。


》》ボランティア活動ページはこちら



6月は「セミ」を折りました。



8月は「花」と「ペンギン」。
 

 
 


 

〜ひと時の癒し〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

アロマトリートメントのレッスンでは、お互いに練習をしますので、受ける時にはつい寝てしまう方が続出。

何とか起きていて、手順を確認しようと頑張っていても、ついつい…。
終わると、スッキリした顔で「あ〜寝ちゃった〜」なんて声が、あちこちから。

もちろん、しっかり身に着けて頂かなくてはなりませんから、起きていて欲しいのもありますが、もう仕方ありません。これもペアの方が上手になった証拠でもあります。

それに、生徒さんの中には夜勤明けの看護師さんもおられます。彼女が施術を受けて目を覚ました時には、「日付けが変わった。」と表現されました。ほんの20〜30分ほどの工程でしたが、深い休息となり すっかりリフレッシュできたようです。

夜勤明けでおいでになる看護師さんには、本当にいつも頭が下がる思いですが、 女性はみんな働き者。生徒さんどなたにとっても、レッスン時間が『ひと時の癒し』になっていることを嬉しく思っています。


 
 


 

〜発見(違和感)〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

写真は、ドイツの移動遊園地です。

遊具に描かれた絵が、随分セクシーと思いませんか?

日本なら、間違いなくアニメのキャラクターか、動物の絵を描くところではないでしょうか。私には、ちょっとだけ違和感。。

このことを文化全般に押し広げていいのか分かりませんが…

ドイツは大人が基準の文化な気がします。
対する日本は子供が基準。
成熟より幼さに価値を見ている、カワイイ文化。

良い悪い、優劣の話でなく。

またドイツには速度無制限の高速道路、アウトバーンがあります。

でもどのように走行するのかは、車の性能、自分の運転技術、周囲の状況により、自己判断。

対する日本は、危険のないように先回りした規則がいっぱい。
ちょっと過保護な気も。

自分にとっての違和感も相手には普通。
そして逆もまたしかり。

旅先での発見(違和感)は、自分が何を普通と思っているのかに気づくきっかけ。違いに気づくと、自分の輪郭がハッキリする気がします。

 

 
 


 

〜リスのウッカリ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今日はリスのお話し。

リスは、木の実が豊富な時期に冬の貯えとして、ドングリなどを土に埋めておくのだそうです。

目印はなくてもちゃんと隠した所は分かっているそうで、、

でも、時々忘れることもあり、、

すると、掘り出されなかったドングリは春に芽吹くのだそうです。


木の実としても、ただ地面にコロンと落ちるより

地中に埋めてくれた方が発芽に都合がいいのです。

森の住人たちに食料を与える代わりに埋めてもらえる。


そして、たまの ウッカリが、実は森を育てているなんて。

かわいいお話しだと思いませんか?

私のウッカリは木を育てることなく、何の役にも立ちませんが、

大きな自然界では、ウッカリも織り込み済みのようです。


 
 


 

〜修了式〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

修了生が、こんなふうに言って下さいました。

『修了証を受け取るとき、思わずじ〜んとした。』と。

この証書は、言ってみればただの紙なのですが、大切に思えるのは、自分が苦労をしたから。そして、楽しかったから。

人生における宝物には「お金で買えるもの」もありますが、「お金だけでは手に入らないもの」もあるのです。

「体験から身に着けた技術や知識」もその一つ。

これらは、誰にも泥棒されません。

そして、その宝物はあなたの人生をきっと豊かにしてくれます。

実際、アロマセラピーは自らと周りの人を笑顔にします。

アロマセラピーは幸せのために学ぶのです。

さあ、ここは終了地点であり、スタート地点です。

ここから芽を出し、人生を豊かなものにして下さい。

アイネスに通って下さった皆様の人生が幸多きものとなりますことを心より願っています。


素敵なお花を頂きました。
こんなに嬉しいものなのですね。
花瓶の花をしみじみと眺めています。


 
 


 

〜名画を所有〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

この絵は、イギリスのナショナルギャラリーにある”私の絵”です。

いえ、本当に私の絵であるはずはないのですが、イギリスに留学していた時、ロンドンに来るたびにこの絵を見にきていました。

そして、ここからは私の妄想……

『お気に入りのこの絵は実は、私のもの。
それを美術館に預けて、みんなに公開している。』

もちろん、ひどく独りよがりで あり得ないことですが、もし本当に世界的な名画を所有していても、自宅においておくのは保管の難しさ、防犯上からも無理。自宅にあることを想像すると色々な意味でドキドキしすぎて、心臓に悪そう。

やっぱり、美術館に預けて皆さんに見て頂くのがよろしいかと。

つまり、絵を所有していてもしていなくても、結果は同じ。

ナショナルギャラリーは入館無料な上、この絵は常設展示ですから、遠いながらも 本当にその気になればいつでも見に行けるのです。

絵の見方には歴史的、学術的、
など色々な視点があります。

でも難しいことは分からなくても 「もし所有を許されるなら、どの絵がいいかな?」って見て回るのも楽しいですよ。

……………………
このナショナルギャラリー(国立美術館)は、基本的に入館無料というところに英国の気概を感じます。人類共通の財産となるような文物は、囲い込むのではなく、国民、そして世界の人に公開する懐の広さ。
また、昔もフラッシュ無しなら写真可能だったように思いますが、スマホでの撮影が手軽な今、みんなスマホを手放せません。館内は名画の嵐ですから。

私も好きな絵をパチリ、そして大きなポスターを買ってきたので、私の絵を毎日自宅で眺めています。


 
 


 

〜IFA本試験〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今年はテスト前に、豪雨があったり、大きな台風が来たり、地震もありました。

この地域は大きな影響なく、イギリスからの試験官を迎え、無事に受験することができましたが、今年ほど「無事」がどれほど有難いことか身に染みた年もありませんでした。

思えば受験だけでなく、無事にコースに通えたこと、修了できたことも当たり前のことではないのです。

人の幸せは比較できるものではありませんが、日常生活の大切さ、やりたいこと、やるべきことができる有難さを噛みしめた試験日となりました。

受験生のご家族・ご友人もエールを送って下さった事と思います。

試験に関わって下さった皆さま、本当に有難うございました。

そして、受験生の皆さま、本当にお疲れ様でした。


 
 


 

〜飛騨古川からの生徒さんにインタビュー〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

アイネスには遠方から来て下さる方もいらっしゃいます。
静岡、岐阜、三重、滋賀、長野…

今年のIFAコース修了生には飛騨古川からの方がいます。
飛騨古川といえば、
私も旅行で何度も行ったことがある高山からさらに少し先。

ほとんど欠席もなく無事通われましたが、
大変じゃなかったのかな?そんな疑問から彼女にインタビュー。

Q) 通学は何時間かかりましたか?
A) 3時間半くらいです。でも駅から近いので通いやすかったです。

Q) 通学は大変ではありませんでしたか?
 

A)

 

移動中に勉強ができたのは、ラッキーでした。
実技レッスンの帰りはバスの中で爆睡してたので、翌日はいつもより元気に。実はスクールに通うようになって、体調も良くなりました。

Q) 遠くからでも続けられたのはなぜですか?
  A) その理由は、いくつかあって

・実技レッスンがとっても気持ちいいから。

・レッスンではアロマはもちろん、人生の為になる色んないい話が聞けるから。

・クラスのみんなに会えるから、みんながいるから続きました。

・スクールでは普段、地元で会えない人と話せて、世界も広がりました。

Q) 遠くて通うのを迷っている方へメッセージはありますか?
  A) ・来る価値ありです。
・迷うなら、絶対来た方がいいですよ!
・人生が変わります!!

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

話しを聞きながら、最後の「人生が変わる」って答えは大袈裟じゃない? 本当に?

でも彼女は「その言葉はぜひ入れてください」と言うのです。

アロマセラピーの講師となって、20年ほどの間にアロマで笑顔になる、元気になる人を沢山見てきました。これは、自分の仕事を幸せに思う最大の要因です。

でも本当は、彼女の幸せのカギは彼女自身が持っているのです。

アイネスが彼女をハッピーにしたのではなく、彼女がアロマを学びたかったから、そして真摯に取り組んだからこそ。

雪の多い時やかなりの降雨量があった時は通学を心配した時期もあったのですが、レッスン日には重ならない幾つかのミラクルもありました。

無事コースを修了できたこと、本当によく頑張りましたね。
こちらこそ、ありがとうございました。


 
 


 

〜精油キットがより魅力的になりました〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

IFAコースに入学した方にお渡ししている精油キット30本に「ベンゾイン」と「コリアンダー」が加わり、より魅力的な内容になりました。


〜ベンゾインについて〜

和名は、「安息香」といいます。
深く甘い香りは、その名の通り、安らかな呼吸へいざないます。
昨シーズンのレッスンでは大人気の香りとなり、お求めになる方が多かったため、キットに仲間入りしました。


〜コリアンダーについて〜

コリアンダーはタイ語で「パクチー」。
近年のパクチーブームでポピュラーになったハーブですが、精油はあの葉っぱの匂いが全然しません(!)
パクチー好きには残念かもしれませんが、種から抽出された精油は、クセが無く 穏やかに元気づけてくれる香り。
意外性のある香り「ナンバー1」であることから、今回、選出されました(笑)

どうぞ、実際の精油を手にして、実践、体感しながら学んでくださいね。


 
 


 

〜「強さ」と「深さ」の違い〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

スエディッシュコース初回レッスン後、さっそく「ハンドマッサージを身の周りの人にしてくること」を宿題としました。

実施した生徒さんに聞いたところ、「もっと強く揉んで欲しい」との感想をもらったとのこと。

でもおそらく、受けた人はタッチの物足りなさを「弱い」と表現しているのだと私は感じたため、生徒さんに「強さではなく、深さを意識してタッチ」してもらったところ、互いに違いを感じ、満足感が生まれることも理解して下さいました。

『こっちの方がいい!』 『こっちの方が安心感がある』なんてね。


でもこれを文章で表現するのは、とても難しい。
もちろん、写真やDVDを見ても分かりにくいと思うのです。
やっぱり、体感が一番!

そのための実地レッスン。
「やってみる」「受けてみる」に越したものはありません。

『ああ、コレコレ』なんて瞬間が、実技レッスンの醍醐味。
互いに”ニンマリ”です。


これは、ハンドマッサージだけでなく、他の体の部位でも同じこと。これが分かった皆さんは、上達が早いはず。

今後、クライアントにもっと強くして欲しいという意見をもらったら、つまり、深さを意識するべきことを思い出して下さいね。

「強さ」と「深さ」は違うのです。


 
 


 

〜準備はいいかい?〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

スエディッシュコースがもう少しで始まりますよ〜!

筋肉の位置や方向性を学びつつ、お相手に手をあてていきますので、筋肉にダメージを与えることなく、心地よく深いタッチができるようになります。

互いに練習しますから、

これは、つまり、

そんなトリートメントをレッスン内で、自分も受けられるということ。

実技クラスは、それを楽しみに授業に来る生徒さんも。

レッスン後は、来た時よりも 足取り軽く帰る皆さんを見送る私にも充実感。

さあ、どうぞ楽しみにしていてくださいね!!


 
 


 

〜ハナビ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

週末になると、どこかしらで花火が見られる季節になりますね。

花火は「沢山の人が同時に同じものを楽むエンターテイメント」として、最大のものだと思います。

会場には、花火が上がるのを今や遅しと「わくわく」した人がいっぱい。浴衣や屋台も準備万端。
おっきな花火は目の前いっぱいに広がって、観客からは、どよめきの後、拍手と歓声。

見に行けない日にも遠くに聞こえる花火の音が耳に届けば、勝手に心が浮立って、困ってしまいます。
花火が好きな私には、音ですら楽しい。

電車や車に乗っている時、花火がビルの谷間から、遠くに小さく、不意に見えると、すっごく得した気分。

そして、こんなに華やかなのに、これは「一瞬の美」。
そこに思い至ると、急に儚く、切ない気持ちになります。

夜空を眺めながら、いったい、どれだけ沢山の人が、今一緒に、この花火を色々に思い、眺め、聴き、楽しんでいるのかしら。

そして、もう一つだけ、どんなに現実的でないと分かっていても、花火を見るたび、思ってしまうことがあります。

世界中の火薬は爆弾ではなく、花火と土木工事にだけ使用されればいいのに、と。

 


 
 


 

〜キャリアオイル〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

エッセンシャルオイル抜きに、アロマセラピーを語ることはできませんが、キャリアオイルもまた然り。

顔に、体に、髪に。

私はもう、1日だってキャリアオイルなしに過ごすことはできません。

クセがなくて使いやすいものから、匂いや色に強烈な個性があるもの・・・

使い分けが出来るようになると、何とも心強い、手放せないパートナーとなるはずです。

それは、ボディークリームにも 美容液にも ヘアオイルにもなって、決して 高価なものに劣らないのですから。


 
 


 

〜記憶〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

残念ながら、私達はすべての記憶を留めておくことはできません。

すべてを忘れてしまえないように、

すべてを覚えていることもできないみたいです。

だからこそ、
辛い気持が和らぐ瞬間があったり、

だからこそ、
愛は日々育てるもの と言われるのでしょうね。


 
 


 

〜ふくろくじゅ〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

「ジャーマンカモミールの花床 (中心の黄色い部分) はローマンカモミールに比べ、大きく盛り上がる。」

という事はみなさんもご存知かもしれませんが、 改めてこのふっくらと膨らんだ姿をご覧下さい。

七福神の中にいらっしゃる、おでこの長い「福禄寿」に見えてきませんか?(......私だけ?)

なんだか、縁起がいいような、有難いような気分になってきます。


 
 


 

〜幸せな時間〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

アロマセラピートリートメントの症例を行っている生徒さんから、嬉しい感想が聞けました。

それは、アロマセラピートリートメントをしていると、
「自分も癒される。」
「不思議に自分の体もラクになる。」 というもの。

「仕事をして、スクールにも通い、アロマトリートメントまでしたら、疲れるのでは?」と受けて頂く方に気遣いを頂くそうですが、なんのなんの、むしろ爽快感や充実感があるそうです。

それは、きっと
ゆったりと心を落ち着けて相手をタッチしている間は、良い香りに包まれて、深い呼吸ができているから。
腰や腕を痛めない正しい姿勢で力まずしっかり触れているから。

良いトリートメントは、受けた相手だけでなく、セラピストにも良い影響があるのです。

そう考えると、アロマトリートメントをさせて頂けるのは、やっぱりとても幸せな時間ですね。


 
 


 

〜ゆったり、凛と。〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

日本のお庭に赴くと、心和むのですが、

それは、弛みきった感覚とは違うように思います。


背筋を伸ばし、気持ちは鎮めて。

心地よい緊張感を保って、耳を澄ます。


ひょっとすると、アロマセラピストが

トリートメントを行なう前の気持ちに少し似ているかもしれません。


 
 


 

〜精油人気投票B〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

60種類の精油を学ぶアロマセラピー理論の最終日に人気投票をしてみました。

その開票結果の第3弾!

アンケートでおもしろかったのは、「イランイラン」

この精油は、「好きな精油」にも「意外に良かった」にも「苦手」にも、それぞれ名前が挙がっていました。

コメントには、
★「苦手と思い込んでたけど、どんどん好きになりました。生理の時なんて大好き」(A.S.さん) とありました。
他にも★「日によって好き」だったり、★「薄い濃度だったら嫌いじゃない」なんて意見も。

非常に濃厚な花の香りで、その強さやセクシーさを思わせるところが魅力であり、鼻につくところであり。
でも、うす〜く希釈すると はかなく甘い香りにキュンとします。

こうして書くと、女性らしい香りの代表でもあるイランイランは、ツンデレ美女。
いえいえ、もしかしたら、状況によってふいに気分が変わる私たち女性を表す香りなのかもしれません。

上手にお付き合いしたいものです。イランイラン。


 
 


 

〜精油人気投票A〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

60種類の精油を学ぶアロマセラピー理論の最終日に人気投票をしてみました。

その開票結果の第2弾!

「意外に良かった精油部門」は・・・

こちらは、ブッチギリで「ベチバー」でした。

★先生がブレンドした香りが衝撃的に好きな香りだった。(工藤さん)
★どう使うかサッパリの変なにおいと思っていたけれど、ブレンドの仕方しだいで、あんなにステキで魅力的な香りになるなんて、とても驚いた。まさに衝撃。(木下さん)

期せずして、私が作ったブレンドでお二人に衝撃が走ったようです(笑)。うれしい。

実は、入校後プレゼントする30本セットの精油にベチバーを入れるべきか、もっとクセのない 或いは、いわゆる良い香りを入れるべきか、毎年ひそかに悩んでいるのですが、今年は思った以上に皆さんが評価して下さって、本当に良かったです。

きっと、ご自身で購入する際にはなかなか手が伸びず、食わず嫌いならぬ「嗅がず嫌い」のままになってしまう香り、ナンバーワンだと思います。

でも・・・公平を期すために申し上げますと、

★「土臭い」(K.Y.さん)★「なかなかなじめない」(S.F.さん)★「湿った香りが薄暗さを感じてしまいます」(M.T.さん) 
というコメントも。 そうですよね。その通り。

ただし、★「だんだんクセになる」(Y.T.さん)★「組み合わせで一番変化してくれる頼もしく個性的な精油」(小沼さん)
なので、またいつか控えめにブレンドしてふと嗅いだ時、不思議な魅力に魅入られてしまう可能性も 今後無きにしも非ずです。

次に票を集めたのは、「パチュリー」。
この精油の個性は、前出のベチバーに似たところがあって、好き嫌いが分かれますが、今年は、ベチバーの方に軍配が上がったようです。


 
 


 

〜精油人気投票@〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

60種類の精油を学ぶアロマセラピー理論の最終日に人気投票をしてみました。

本日は、その開票結果です!

「好きな精油部門」は・・・

票が分かれ、ぶっちぎりの一番というものはありませんでした。
皆さんちゃんと自分にとっての一番の香りを見つけて下さったようです。

あえてというならば唯一、複数票を得た「サンダルウッド」。
★深くて、とっても深呼吸したくなる香りが大好き(木下さん)
★とても落ち着く深い香りが好き(小椋さん)
とのコメント。

この香りは、お二人のコメントにあるように奥深く、品のある深淵な香り。

フローラル系のように強い主張はありませんが、単体でもとても良い香り。そして、ブレンドの際には、 ベースノートとして他の香りを邪魔せず、全体を包み込み、香りをまとめてくれます。

こうして書いてみますと、「慈悲深い女性」のよう。
これはもう、トゲトゲした気持ちの日にぜひ嗅いでみて。
深呼吸で香りを体内へ導き入れ「慈愛モード」を引き出しましょう


 
 


 

〜IFAでの学びは、看護観にも影響がありました。〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

河合春菜さん

---------------
彼女はIFAコース資格取得後、看護師として多忙な中、総合病院の緩和ケア病棟のボランティアにも参加しておられます。

そして最近、ご自身のおじい様の自宅介護を経験されました。
もちろん彼女のみではなく、訪問看護師さん、ご家族、何よりおばあ様は 時に夫婦漫才のようなケンカをしながら、とても心をかけて看ていたとのこと。

自宅介護を始めたころは、とても不安定な状態だったにもかかわらず、旅立たれるまで半年という時間をともに過ごすことができたそうです。協力しながら最期を迎えた際には、ご家族は大変さや悲しみとともに みんなで充実感を感じることができたそうです。

嬉しいことは、半年ほどの介護の中アロマセラピーを学んだことがとても良かったと言って下さったこと。「薬だけでは出来ないこと」が出来たと思う、と。

例えばむくんだ足を撫でさすることができたこと。
さらにその様子を真似て、おばあ様もおじい様に手をあてるようになったこと。
意識が朦朧とする中、香りを嗅いでもらいながら話しかけると、反応があったこと。
介護しているおばあ様が眠れないとおっしゃるときには香り選びをしたこと。

しっかり学んだからこそ、状況に合うものを使ったり、提案できたことが本当に良かったと。
思い出されるのが苦しい顔ではなく、アロマを通しての家族のコミュニケーションや思い出が沢山できたそうです。

「振り返ってみれば、ボランティアでの経験も全部ここに繋がって、そして看護師としてのこれからにも繋がっていくように感じている」とお話下さいました。


 
 


1493年版の医学書にある解剖学の講義の様子

 

〜解剖生理レッスンを終えてC〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

受講生の感想をご紹介します。

---------------
★体について知ることで、自分の体や周りの人の体のことも大切にしようと思えるようになったことが、とても良かったです。(Y.T.さん)

★自分の体にとても愛着を感じるようになりました。日々のケアも今までよりも体の内部を意識して、自然と感謝の気持ちで行えるようになったことが良かったです。身近な人へのトリートメントも症状を聞いて、内臓の様子を想像しながらできるので、とても楽しく行えます。(Y.K.さん)
---------------

自分の体に愛着を感じたり、スゴイと思えることは、自分を大切にすることにつながりますよね。

自分のことがとても大切にできるようになると、身の周りの あの人もこの人も、等しく大切な存在だと気づくことができます。

そこに直に手を触れさせてもらえる、アロマセラピストという職業は、とても特別で幸せな職業だと改めて思いました。



 
 


1521年版の医学書にある解剖図

 

〜解剖生理学レッスンを終えてB〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

受講生の感想をご紹介します。

---------------

★肺は、それ自体が動くのではなく、呼吸筋によって動かされていることと自律神経との関係を知って、「たしかに!」となりました。(K.Y.さん)

≫色々なリラックス法や瞑想において、必ず呼吸が大切と言われる理由に納得して頂けたようでした。



★愛着を感じる臓器は「膵臓」です。
大切なホルモンを出しているのにとても地味で目立たない存在だから。(Y.T.さん)

≫そう、地味で目立たない臓器にこそ、しみじみとした愛情を感じますよね。

他にも、

★心の状態が一番表れやすいと感じるため、「胃」です。という方(A.F.さん)や、

★自律神経に対して、「一緒に歩いていこうよ」と思えるようになった(K.N.さん)などなど…


 
 


薬局の様子

イブンシーナ「カノン」翻訳本の1ページ目の挿絵(部分)


 

〜解剖生理学レッスンを終えてA〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

受講生の感想をご紹介します。

---------------
★ざっくりとしか知らなかった体のことが知れて良かったです。今までも疑問に思ったことは沢山ありましたが、ここまでしっかりの勉強は独学ではできませんでした。本当にいいきっかけでした。
生体防御系が一番難しかったですが、一番興味わきました。マクロファージすごい!! T細胞すごい!!(M.I.さん)


★愛着を感じる臓器は「子宮と卵巣」です。
毎月、わずらわしいとか、痛くて良い思いを抱いてなかった(アイネスで解剖を学ぶまで、自分の臓器に愛着を持つなんてなかった!)ですが、本当に健気に働いてくれているんだなと思うと、身体を大事にしないと、と改めて思いました。(A.S.さん)

≫女性の生殖器を挙げて下さった方が他にも沢山いらっしゃいました。本当に健気で可愛らしさを感じる臓器ですよね。


★私は「心臓」です。
力強く脈打つ姿は、生きようとする「ひたむきさ」を感じるから。(Y.O.さん)

≫彼女は看護師さんで、心臓の手術の際、一度止めていた拍動が復活する様子はとても神秘的だと教えてくれました。

心臓については、やはり人気で 『生まれる前から、死ぬまでずっと動いていることに改めて感動!』との感想もありました。


 
 


手術を手伝う天使

(中世の医師が手術を施す絵の一部)

 

〜解剖生理学レッスンを終えて@〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


もしお金
など 何もかもを失ったとしても残るのは、自分の体と身につけた知識や技術。

これらは 「究極の持物、財産」と言えるのではないでしょうか。

そして、体は生まれてから天に召されるまで、基本的には「交換不可」ですから、大切に扱わなくてはいけませんし、時にはメンテナンスも必要ですよね。

でも私達は、このとても神秘的で素晴らしいもののことをどれだけ理解しているでしょう?

解剖生理学は、じつは誰にとっても とても大切で一生役立つ知識だと思っています。

(もちろんアロマセラピストにとっては、クライアントケアや より良いトリートメントにとって重要なカリキュラムでもあります。)


そして、私には好きな臓器があります。

とても個人的で、「好き」というのもヘンだと分かっているのですが、普段意識しない体・臓器に目を向けてほしくて、レッスンを修了した受講生にも「愛着のある臓器」を聞いてみましたので、ご紹介させていただきます。


 
 


 

〜幸せをこの手で守る〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

今日は、ある生徒さんがアロマセラピーを学んだことで、家族の幸福と健康を自らの手で守っておられるお話をさせて頂きたいと思います。

〜〜〜

しっかりしたご両親に認知症が表れ始めたのは、彼女がアイネスに通うようになった頃だったそうです。

立派なお父様だっただけに、ご本人も自身の変化にいら立ちが募り、乱暴な側面が出てきて…

彼女も今までになかった様子にどう対応したらよいか分からず、とてもショックを受けておられました。

当初、アロマを学び続けることも困難に思えたそうですが、アロマセラピートリートメントを頻繁にご両親にされたところ、怒りっぽさも和いで落ち着いた関係が戻ったそうです。(彼女の表現では、魔法のようだったとのことです)。そして、なんとご両親がアロマを学ぶことを喜び、協力して下さるようになったそうです。

これは、愛情深く、ご両親の変化を受け入れていった彼女の心、そして、頻繁にご両親の元を訪れる彼女の労力があってのことなのですが、

それでも彼女は、自分の人生にとって本当に必要な時にアロマを学ぶことができたと話して下さいました。

アロマを活かして、家族との幸せな時間と関係性を守ることができていると。

〜〜〜

ちなみに、むずかしい年頃の息子さん、娘さんともアロマセラピーを通じて、とても良好なコミュニケーションが生まれているそうです。

年月を重ねて、家族の状態は変わっていきます。

そのことに翻弄されるのではなく、自分にできることがあることを知った強さを 彼女から感じました。


 
 


 

〜ハンパない〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

先日、アロマトリートメントの仕上げとなるレッスンを行いました。

手技や順序については、すでに皆さんしっかり頭に入っておられましたので、力まずに圧を加える姿勢や腕の使い方などの調整・再確認といった内容となりました。

さて、
背中のトリートメントを終えての感想は…

『成長っぷりが、ハンパない。』 だそうです。

これは、最初の頃に施術をしあったペアの感想。
久しぶりに受けてみたら、あまりの上達にビックリしたそうです。なんだか羨ましくらい、とも。


別のペアの感想は…

受け終わって、開口一番
『めちゃ気持ちいい。先生も受けた方がいいよ。』
だそうです。お金を払って受けるレベルとも。


自分のこととなると、足りないことばかりに目がいって、成長を感じられないかもしれませんが、私から見ると、どの方もとても成長しておられました。

だって、初回は、おっかなビックリでへっぴり腰。
お相手の背中を目の前に、どう手を当てたらいいのか、戸惑うことが多かったはずですから。
症例を重ね、本当に 皆さんそれぞれによく上達されました。

これは、「受けた人を笑顔にできるスキル」。

どうぞ人生に大いに活かして下さい。


 
 


 

〜最強のパワースポット〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

自分にとって、最強のパワースポットがどこにあるか知っていますか?

答えはそれぞれ。十人十色のはず。

好きな場所、癒される場所がそれぞれにありますよね。(私は、時々とても奈良に行きたくなります)

でも、もっと近い誰にとっても大切な場所は、

「自分」。

どこにも行かなくても、自分自身にとって、自分以上に大切な場所はないのです。

誰かに誇れるカッコいい自分だから大切なのではなく、

欠点いっぱいの自分こそを大切に、

この自分だからできることをやれば良いのですよね。

自分のパワースポットは、ちゃんとココ(自分)にあるのですから、心配いりません。

安心して、大成功しても、大失敗してもいいのです。

そう、前を見てノビノビと チャレンジしてみましょう!


 
 


 

〜今年はダブル〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

2月の末、「幸福の木」にお花が咲きました。

今年は、何とダブルです!

この花は、夜になると開花し、お昼になると咲き終わります。

でも 次の夜には、また別の蕾が膨らんで咲くので、数日間楽しむことができます。


ただこの花、毎年は咲かないのです。

見られた方はラッキー。

正に「幸福の木」、「幸福の花」なのです。





 
 


 

〜自らを癒す〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

あなたが傷つけられたと感じた時、

どのようなビジョンをイメージしますか?

身がちぎれてしまう、あるいは

心がズタズタに切り裂かれた様子?

---------------

前回のレッスンでは、木の樹脂から抽出される精油を取り上げました。(写真はミルラの樹脂です)

ミルラの木は、傷んだ木肌から雑菌が侵入し腐ってしまわないよう、そして、傷を塞ぐため樹脂を分泌します。

動くことも、しゃべることもない植物ですが、自然の中で、自らの傷を癒す力を持っているのです。

---------------

ひょっとしたら、私たちにもそんな力があるのではないでしょうか。

生きてく中で、傷つかないなんてウソ、

つらさや寂しさだって、確かに存在するのです。

その時は、一緒に涙を流しましょう。

でもその傷は、回復不可能なものでなく、必ず癒えると信じて下さい。

あなたは、翻弄されるむき出しのハートではなく、

大地に根を下ろす大きな木。

その表面は、時に傷つき、ボロボロに見えても、

イメージの樹脂で覆って、自らを守って下さい。

心は大木の芯に宿り、それは容易に傷つけられないのです。誰にも。

強がらなくでも大丈夫。

本当のあなたは、強いのです。



 
 


 

〜シソ科の仲間〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

ラベンダー、ローズマリー、バジル、ミントにタイム、、、

シソといえば、日本では ”赤か青の紫蘇” ぐらいしか思い浮かびませんが、実は、沢山のハーブがシソ科の仲間。

食べておいしいのはもちろん、目にも鮮やか。

丈夫なものが多いので、もう少し温かくなったら、育てててみるのも良いでしょう。

ただし、ミントはとても繁殖力があって、庭に直に植えると、どんどん広がってしまうこともあるので、要注意。

おまけに、交配も容易なため、しばらくすると、何のミントかわからない、「野良ミント」になる可能性も。

それを知って、街を散歩していると、どこかのプランターやお庭からはみ出して、ドッコイ、街路樹の根元や道のはじっこに生える、元気なノラちゃんを発見したりして。

困りものにもなりますが、 たくましさを道に発見するのは楽しいものです。


 
 


 

〜ヒヤシンス〜

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

てっきり、まずは、茎が伸びてから

花が咲くものだと思っていたら、

球根からイキナリ花が咲いて、

びっくり!

開花と共に甘い香りも。

このまま背は伸びないのかしら?

と思っていたら、

花がすっかり咲いたまま

今は茎が日々、ぐんぐん伸びています。

家に帰って見るごとに、

朝起きて見るごとに、表情を変えていて

一番寒いこの時期の小さな楽しみ。

真っ白な根がモシャモシャ伸びる様子、

球根からチラリと芽が出てくる課程も楽しめて、

花の時期も長い。

ヒヤシンスの水栽培、おススメです。


 
 


 

〜後輩へのメッセージ〜

IFA修了生のアンケートの一部をご紹介します。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

S.N.さん*------------------------
●体のことやアロマセラピーのこと、アイネスで学んだことは本当に役に立ちます。
楽しんで、真剣に、また楽しんで学んでいくとあっと言う間の一年です。
きっと実り多い一年になると思います。

Y.M.さん*------------------------
●アロマの勉強は、とても心を豊かにしてくれると思います。そして勉強する自分の周りの人にも幸せを分けてあげられるステキなものだと思います。

K.H.さん*------------------------
●アロマを仕事に!という方でなくても、アロマに興味があり、学びたいという気持ちさえあれば、私のように無事コースを修了できますので、ご安心を☆

K.A.さん*------------------------
●ナースの方は特にアイネスで教えてくれる奥深いところを感じて、仕事にも活かしてほしいです。

A.H.さん*------------------------
●興味がある、やりたいと思った時があなたのスタートチャンス!やり始めるときっと世界が広がります。

H.K.さん*--------------------------
●自分自身の体調も快方に向かい、心身共に健康になれます。そういった自分の変化が周りの人にも良い影響を与えられると思います。アイネスでの経験は今後にプラスになると思うので、みんな頑張ってほしいです。
*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


 
 


 

〜コースを修了した感想を教えて下さい〜

IFAコース修了生のアンケートの一部をご紹介します

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

H.K.さん*------------------------
●あっと言う間でした。毎回楽しかったですし、不規則な仕事なので、1回くらい休む講座もあるかなと思いましたが、全部出席できました。

S.I.さん*------------------------
●初めは毎週、一日がかりの授業を続けられるのだろうか?体が続くのだろうか?と思いながらでした。
授業は楽しくて、刺激があり、休むのはもったいなく、疲れていても週末は体に気合を入れての通学が休むことなくできました。「一生懸命、通えた。」が今となっての感想です。
大変なこともありましたが、充実した日々☆でした。

E.T.さん*------------------------
●トリートメント技術が身についていく過程に感動した。
●仕事と学校との両立が大変でした。
●今後、仕事としての選択肢が増えたことが嬉しい。

Y.M.さん*------------------------
●アロマセラピーに関して、教科書内の知識だけでなく先生の体験も交えた講義が受けられて、毎回楽しく受講できました。
トリートメント実技の時は、お互い気持ち良く美肌になって帰れました★

F.M.さん*------------------------
●あっというまの一年でした。
その中でも、悩んだことなどありましたが、でもやっぱり挑戦して良かった。

Y.H.さん*------------------------
●仕事をしながらの学校ということでとても大変でしたが、いざ終わってみれば、あっという間でした。

S.N.さん*------------------------
●課題や試験が沢山あり、本来ならもっと辛く感じるものかもしれませんが、総合的に楽しい感じの方がかなり勝っています。
それはすごいことかもしれないと、修了してから気付きました。
*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


 
 


 

〜アイネスに通うことで変化はありましたか?〜

IFAコース修了生のアンケートの一部をご紹介します

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

Y.I.さん*-----------------------
●少しずつ自分に自信が持てるようになったと思います。あと体がとても楽になりました。

A.H.さん*-----------------------
●身体のこと、健康のこと、ウェルビーイングについて興味が出て、もっと学びたくなった。
学びは楽しい!!いくつになっても学び続けていきたいとインスパイヤーされた。
そしてアロマセラピーの力を広めたくなった。

E.T.さん*-----------------------
●自分のことを振り返るきっかけになった。

H.K.さん*-----------------------
●自分の体調に気をつけるようになり、例えば頭痛や風邪を引いたらすぐに薬の内服…という発想だったのが、まずはアロマやハーブで何かできることがないか、という考えになりました。
あと、風邪を引きやすい体質でしたが、引きにくくなりました。

K.A.さん*-----------------------
●看護という仕事にとても共通することが沢山あり、自分自身の看護を振り返ることができたように思います。

K.H.さん*------------------------
●精油のことを学んだときは家でブレンドの相性を試したり、マッサージを学んだ日は手を慣らすために帰って家族に練習をお願いしたりと、日々の目標を立てることで、より充実していました。

F.M.さん*-----------------------
●精油・解剖生理学などを学ぶ中で、色々なことに興味が湧く様になりました。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。


 
 


 

〜アイネスで学んだ感想は?〜

IFAコース修了生のアンケートの一部をご紹介します

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

S.I.さん*------------------------
●アイネスは扉を開けて、一歩入ると、忙しい毎日から解放される気持ちがほっとする場所でした。

H.K.さん*-----------------------
●学校!勉強!という感じがなくて、毎回楽しいレッスンでした。良い先生、仲間にも会えて、アイネスに来れて良かったです。

Y.H.さん*-----------------------
●様々な職業の方と会話でき、楽しかったです。

S.N.さん*-----------------------
●体のこともアロマセラピーのことも本当に愛おしいという気持ちを持って教えて下さって、とても良かったです。
まゆみ先生の解剖学でなかったら、挫折していたかもしれません。本当に良かったです。

A.H.さん*------------------------
●通いやすい距離=気持ちが続きやすくて良かった。
また先生が暖かいから、また来たくなる。

Y.I.さん*-------------------------
●すごくアットホームな雰囲気なので忘れがちなのですが、自分は「すごいこと始めたんだな」と思います。今思うと、このアットホームさがなければとても続いてなかったかも。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

その他の「受講生・卒業生の声」は≫≫こちらのページへ


 
 


 

〜新たな年はスッキリと A〜

でも「悩むな」と言われても・・・

そうなんです。難しいですよね。

そんなとき、避けられないことについては、

「心を込めて協力する。」といいそうです。

そう、自らを親友のように大切に扱って、前に進むのをサポートする。

考えてみて下さい。

「こんな時に頭痛?あなたって運が悪いのね。不器用だし、もう若くもないし、可愛くないわ。最低ね。」

あなたの親友はそんなことを言うでしょうか。

でも自分には、言ってませんか?

「私はひどい頭痛持ち。なんて運が悪いのかしら。不器用でできないこともいっぱい。年もとってるし。みんながうらやましい。こんな私って、最低。。。」

それって本当にホント?

お悩みボックスの中に入っている色々もホント?

やっぱり、スッキリさせてもいいと思う。

新たな年は、悩みの正体を知り、自分自身に心を込めて協力する一年にしようと思います。


 
 


 

〜新たな年はスッキリと @〜

新しい年は、スッキリと迎えたいものですよね。

今日は、ココロのお掃除についてのお話。

それぞれ人のココロの中には、「お悩みボックス」があるのではないでしょうか。

その箱の中をスッキリと保つコツは、生きている限り避けようがないことは、「ボックスから出してしまう、あるいは初めから入れない」こと。

そうすれば、箱は大層スッキリします。

例えば、老いや病。その他、自分ではコントロールできないこと。

それらは、自分にだけ起きていることではなく、それぞれの人生に起きてしまうこと。

自分では、どうにもならないことを律義に悩む必要はないんですって。

どうありたいか、どうしたいのか、を考えるきっかけにして、悩まなくてヨシ!

ちょっと無理やり?とも思うけど、確かにそうかも。

私には、目からウロコの考え方。

でも、ゴチャゴチャよりスッキリがいいですよね。



 
 


 

〜サンタについて〜

今年のクリスマス飾りは、

少しシックにゴールドとシルバーでまとめてみました。

この季節になると、海外の方にクリスマスカードを書いたり、飾りつけしたり。

キリスト教徒でなくても、一年の感謝を表したり、楽しんでもらう工夫を考えるのは、嬉しいものです。

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。★:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜

さて、サンタクロースについてなのですが、まだ小さかった頃、私はその答えを兄から聞いてしまいました(!)

その後、幼稚園に来たサンタを観察した結果、
とても町長さんに似ていることにも気付いてしまいました。。。

でも、今は信じています。

サンタは、ちょっとした親切や、人を喜ばせたいと思う気持ち、小さな愛の象徴と思うようになったから。

だから、トナカイを連れていなくても、赤いコートを来ていなくても、サンタは身の回りに、いっぱいいることにも気がつきました。

そして、 自分もサンタになれる。

やっぱり、この季節はワクワクします。

皆様、温かなクリスマスをお過ごしくださいませ。

 
 


 

〜ボランティア〜

この秋も 名古屋第一赤十字病院において、ハンドトリートメントのボランティアを実施させて頂く機会に恵まれました。

10月29日 「ピンクリボンフェスティバル」
11月9日  「文化祭」
11月19日 「病院際」

私達を受け入れて下さった病院の皆さま、
トリートメントを受けて下さった皆さま、
ボランティア参加の皆さま、本当にありがとうございました。

感謝申し上げます。

ボランティア活動の様子は、こちらのページへ

 


 
 


 

〜修了式の日に〜

IFA本試験を前に、IFAコースの修了式が行われました。みんさん、よく頑張りましたね。

大人になってからの お休みをつぶしての通学、

最初は不安だったことと思います。

続けられるのか、 覚えられるのか、仲間はできるのか、、

でも、修了式にはみなさん「早かった。楽しかった。」

とおっしゃいます。

それは、楽しいラクなことばかりというわけではなく、

自らの体験を通じて得た充実感からの言葉。

その体験が 皆さんそれぞれの人生に良い影響を与えるものであるならば、私にとってこんな幸せはありません。

みなさん、本当にありがとうございました。


 
 

オランダ・ライデン国立民族学博物館所蔵

 

〜E 北斎とシーボルト〜

左の絵、小さくなってしまいごめんなさい。

ここには、水辺に浮かぶ船と画面奥には江戸城と富士山が遠近法を用いて描かれています。

これまでにもシーボルトは、膨大な数の植物サンプルを持ち帰ったことを紹介しましたが、彼が持ち帰ったものは自然科学にまつわるものだけでなく、日本の暮らしを伝える民族学的な資料や絵画も多く含まれていました。

これらの展示と研究により、ジャポニズムブームに影響を与えたことも前述の通りなのですが、

なんと、なんと!

最近、オランダの博物館にあるこの絵は、葛飾北斎によるものだということが分かりました。

シーボルトと北斎には交流があったというのです。

シーボルトを通じて西洋絵画にふれた北斎は、実際に西洋の技法で絵を描き、シーボルトはこれを持ち帰っていたのです。

幕末の学問、外交のみならず、文化にとってシーボルトの果たした役割がいかに大きかったことか。

そして、北斎がこの絵を描いた時はすでに晩年であったそうですから、彼の新しい技法への貪欲さにも驚かされます。


初めてのものを見た時、触れた時の「ドキドキや喜び」。それに魅了されたり、恐れてみたり。

どんな情報もネットで調べ、あらかじめ知ることができる現代にはない、「ビックリ仰天の体験」に満ち満ちていたであろう幕末や明治期に 私はあこがれています。

できることなら、 タイムトラベルしてみたい!

ビックリしてみたい! そして、心を奪われてみたい!

野心、知性、人間らしさに溢れるシーボルトと対面できたら、何を感じるのでしょう。。 妄想は広がります。


(思いの外、長くなってしまった「シーボルトシリーズ」はここまで。でもいつかシーボルト先生 再登場の可能性も。それまでは一区切り。)

 
 


 

〜D 息子たち〜

この来日に際して、シーボルトは12歳の長男を伴っていました。

実は二度目の来日時、シーボルトとお瀧は2人とも再婚をしていたのです。

シーボルトがドイツ人女性と再婚したのは、日本を離れて16年後の48歳。子供は5人いました。
(長男アレキサンダーが日本の地を踏んだのは、まだ子供とも言える年齢ですが、通訳としての役割を立派に果たしたそうです。)

シーボルトは日本を離れて3年後、オランダのライデンに「日本博物館」を開いています。また日本についての研究を続け、西洋にとって未知なる東洋の国、日本研究の第一人者となっていました。
(彼は、美術における「ジャポニズム」 ブームの影の功労者でもあったのです。)

ですから、再婚後の家族もシーボルトの日本への情熱を知っていたはず。
5人の子供のうち、長男アレキサンダー、そして後には、次男ハインリッヒも日本を訪れ、生涯を通じ、開国後の日本外交や政治、また日本研究に深く関わっていくことになります。

そして、イネが東京築地に産科医院を開く際には、日本で要職にあったシーボルトの2人の息子が支援をしています。

時間を経ても忘れることが出来なかった日本、
父の顔は覚えていなくとも自分に流れる異国の血、
父に導かれ、やがて自らも深い縁を持つ息子達。

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト、偉大なり。

彼は再び日本を訪れることを夢に見ながら、故郷ドイツで病に倒れ、70歳でこの世を去っています。


 
 


 

〜C おイネさん〜

シーボルトとお瀧の間には、おイネという女児がありました。彼女は、日本女性で初めての産婦人科医となっています。

シーボルトが国外追放となったのは、イネが2歳の時。
彼は、娘のことを門下生達に見守り、導いてくれるよう託して日本を離れました。

そんな環境の中、イネはシーボルトの弟子から医学、オランダ語を学び、医師の道を進むことになります。

そしてちょうど30年後、日本は開国へ向かう時代になったことでシーボルトの国外追放は解け、彼は日本に戻ってきます。シーボルト、63歳。

そこで、タキとイネと再会をはたします。

自分と同じ医者となった娘を見て、シーボルトはどのように思ったでしょう。

彼はイネに最新の西洋医学を伝え、またオランダ人医師からの講習を直接受けられるようにもします。

これにより、イネの持つ知識は当代最高といえるものとなり、宮内省出入りの医師となります。

この時代に、ハーフの女性がこれほどまでの知識と地位を認められたのも、彼女自身が切り開いた道であると同時に、シーボルトが日本に残した弟子達や学問、そして思いが実を結んだものと言えるのではないでしょうか。

 
 


 

〜B お瀧さんとアジサイ〜

シーボルトは、医者であり、植物学者でもありました。
当時の薬は「生薬」ですから、医師にとって植物の知識は必須。
また、時代的に西洋の博物学からの旺盛な興味もあり、シーボルトは、膨大な数の日本の植物を収集し、標本とし、或いは絵にして、持ち帰っています。

そこには、様々な草花を始め、アカマツ、アスナロ、モミなどの木、そして「アジサイ」もありました。

そのアジサイに彼は、「Hydrangea otaksa」という学名を付けます。これは、日本にいた間、共に過ごした「お瀧さん(オタキサン)」にちなむと言われています。

(実は、先にアジサイを紹介した人が付けた学名が優先され、現在、彼の学名は異名となっていますけれど。)

この時代と事情では、ドイツ貴族の名門出身のエリート、シーボルトと 生涯を共に過ごすことは難しく、、、
もともと任期を終えれば、日本を去り、ヨーロッパで為すべき事がある人物であることは、一緒にいる時から分かっていたことでしょう。

お瀧さんの心を思うとせつなくなるのですが、シーボルトは当初、3年ほどで日本に帰ってくるつもりだったという説や別れの後も片言の日本語で恋しい思いを綴った手紙を送っていること、そして アジサイの名に表れるように、彼女をとても大切にしたという話に救われる思いがします。


ところで、彼女はシーボルトがアジサイに付けた名前を知っていたのでしょうか?

そして、別れの後 二人はどんな思いでアジサイをみたのでしょうか?


アロマのお勉強で、学名暗記には苦労するものですが、植物の名前にも それぞれの物語があるのですね。

シーボルトが収集した日本の動植物には、学名に彼の名を持つものも多くあるそうですよ。
( 例: サクラソウ Primula Sieboldii )


 
 


 

〜A シーボルトは何人?〜

シーボルトはドイツ人なのですが、なぜかオランダ軍の軍医として、来日しています。

これは、ご存じのように、鎖国していた江戸幕府が西洋諸国としては、オランダとのみ交易をしていたから。

つまり、日本に正式に入国するため、オランダに雇われている形を取ったわけです。

中には「ニセオランダ人」となって、日本に来た人もいたそうです。

当時の日本人には、オランダ人か、ドイツ人か、はたまたスウェーデン人か、を判断するのはすごく難しかったでしょうね。

私はつい、現在の空港で入管の質問にオドオド、ドキドキしている人とイメージを重ねてしまいます。

ニセオランダ人を演じる必要があった当時もかなりヒヤヒヤしたことでしょうね。

 
 


 

〜@ シーボルト〜

名前は知っているのではないでしょうか。

シーボルト。

今年は、没後150年にあたる年だそうです。

日本史で習う彼は、、、

● 江戸後期に来日し、長崎で鳴滝塾を開く。蘭学を伝え、日本の医学の発展に大きな役割を果たすが、当時禁じられていた日本地図を所持していたことから、国外追放となった。(「シーボルト事件、1829年」)

といったところでしょうか。

さらに歴史好きな人は、

● 楠本瀧という日本人と暮らし、彼女を大切に思っていたこと。

● 彼女との間に生まれた娘、イネは日本人女性初の産婦人科医となったこと。

を知っているかもしれません。さらに、

● シーボルトは帰国後、ドイツ人女性と結婚し、5人の子を設けたこと。そして、そのうち2人の息子は後に来日し、日本の国際化に助力した。

のです。

これらのエピソードについて、順にご紹介してみます。


 
 


 

〜お便りの紹介〜

夏に頂いたお葉書なのですが、とても嬉しかったので紹介させて頂きます。

彼女は、今年のIFA受験生。
必須科目のレッスンは終え、少しだけ久しぶりのレッスンにおいでになった後、届いた葉書です。

〜〜〜☆〜〜☆〜*〜☆〜〜〜

『アイネスに行くと、私の中の「気」が良い方向に向かっていると実感しました。パワースポットのような気持ちでとても元気になりました。〜(中略)〜

先生達を見ていると気持ちが元気になり、アロマの勉強を頑張っていること、今置かれている状況が幸せだと感じられる心にゆとりが生まれます。

本当に毎日が豊かになった気分です。 』

〜〜〜☆〜*〜☆〜〜☆〜〜〜

テスト自体は楽しいものではありませんが、試験を迎えられるということは、つまり

ここに至るまでアロマを学んでこられたということ、
症例を通じて大切な経験を重ねたということ、
ご家族や職場の方にご協力を頂けたということ。

大変さはもちろんありますが、嬉しいことでもあるのです。

どうぞ 受験される皆さんのこれまでの過程が実を結びますように。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

葉書には、お母様が描かれたお庭の朝顔が。
文面とともに、受取った私達の方が、嬉しさと心の豊かさを頂けたお便りでした。

ありがとうございました。

 
 


 

〜この時代に生まれた幸せ〜

以前、「芳香植物の歴史」のレッスンの際、少し脱線したお話をしたことがありました。
-------------

中世ヨーロッパでは、『ペストが猛威を振るい、人口の4分の1を失った・・・』ということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

アロマの歴史としては、ここで、「芳香植物が有効性を示した史実がって・・・」となるわけですが、

もちろん、そうなのですが、、
(ここからは少し脱線)

当時、病にかかるのは、「罪深さや穢れ」のためであると真剣に信じる向きもあり、そのケガレを払う為に「自らをムチ打った」という記述があるそうです(!!!)

多くの感染症の原因が特定されている今では、考えられないことですが、細菌やウィルスの存在が知られ、「細菌学」が発展していくのは、日本でいうと ほんの明治以降。

それまでは、当然見ることも知ることもできず、正に人知の及ばない世界だったのです。

想像して下さい、弱りゆく自らにムチ打つ姿を、、、
ううう〜、悪夢のようです。

-----------
ひるがえって、現代。

すべての面で良くなっているとは言えないかもしれないけど、科学や医学の進歩に感謝!ですよね。

この時代に生まれただけで、受取ることのできる幸せがいっぱいあることもまた事実。

もう、何に感謝したらいいか、分からないくらい(笑)
ああ、ありがとう〜!


 
 


 

〜解剖生理学を受講して〜

解剖生理学受講後の感想を頂きました。

飾らず、でも、解剖生理学を学ぶ意義のすごく本質的なことを書いて下さいましたのでご紹介します。

☆*∴∵*∴∴∵★:∴∵∴*∵∴∵∴*∵∴∵☆

まず、人間の体のしくみがすばらしく良くできていることに感嘆しました。

人間の力では作り出せないものを私達は持っていることに、人間のやっていることの小ささを感じました。

また、これまで自分の体は自分の思い通りになると信じ込んでいたので、その自分の傲慢さが恥ずかしくなりました。

私がお酒を飲んだり、添加物たくさんの食べ物を食べたりして、体を痛めつけていたのに、何も文句を言わず、ただひたすら代謝して排泄して、自分の臓器に頭が下がります。

体のしくみを知ることは、自分を大切にすることにつながると思います。

自分のために黙々と働いてくれる存在があることを知ることは、青少年の教育にも有効だと思いました。

(IFAコース受講生・風間千秋さん)


 
 


 

〜新入生にインタビュー〜

初めてのことには、ワクワクする半面、不安なドキドキも付きものですよね。

そんなちょっとしたハードルでもある、初回レッスンを終えた新入生にインタビューしてみました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スエディッシュトリートメントの
初回レッスンはどうでしたか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

楽しかった〜〜。
少人数制なので、とってもなごやかでした。

先生の話は楽しくって、授業の堅苦しさや上からの指導という感じはなく、一緒にやってくれる感じ。

初めてだけど、すごく頭に入ってきました。
初回からできるようになったことも たくさん。

それから、先生が話す体験を自分に置き換えるとすごく分かりやすかったです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハンドトリートメントをやってみて、
家族の反応はどうでしたか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

初めて母にした時は『ふ〜ん…』って感じだったけど、
3回目以降からは終わった後、自然に『ありがとう』って言葉が聞けてすごく嬉しかったです☆

あと、やっていて自分も気持ち良くなりました。

今日から脚をやるって言ったので、帰ったら、脚を出して待っていそう。

期待の高さがちょっと怖いです(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
彼女は、私のデモンストレーションを見て、
「滑らかで気持ちの良いリズムからは、まるでメロディーが聞こえてくるよう♪」
と、とても感性豊かな感想を下さいました。

次回以降もみんなで上達しましょう。
楽しみにしていて下さいね。


 
 


 

〜おめでとうございます〜

IFA試験に合格した方からのコメントを紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜

★コースを無事修了して、ホッとしました。

最初は、なまけものの私がちゃんと通えるかなと少し不安でしたが、一日も休むことなく、むしろ毎日楽しく充実した日々を過ごすことができました。

全てのクラスが本当に楽しくいつも夢中になりました。

先生の教え方が本当に分かりやすく、また楽しく、真由美先生から、小学校の時から学んでいたら、私はもっと勉強出来る子だったと本気で思います(笑)

また、共に学んだ方々も皆さん本当にステキな方ばかりで、毎回会えるのが楽しみでした。

全てにおいて本当に充実していたというのが感想です。

また、1年半通えた事も自分の自信につながりました。

〜〜〜〜〜〜〜

R.Oさん素敵なコメントをありがとう!
たくさん良いことを書いて下さいました。

でも、感じ方は人それぞれ。

本当かしら??と思う方は、ぜひアイネスに確認においでくださいね(笑)


 
 


 

〜受験生からのお手紙〜

ともこ先生、まゆみ先生へ

無事筆記試験を終えました。
会場にもAinessの生徒さんが多く、顔を会わす毎に心が落ち着きました。

『緊張してパニックになったら、先生たちの顔を思い出そう』って言って頑張りました。

正直筆記試験の結果は、、、あまり自信が、、、
でも、結果はどんなんでも、受け入れます。

みんなも私も、やれることは置かれた環境の中で精一杯やったから、やりきったから、テストも力を出し切ったから、それでいいです。
そして、気を取り直して実技に挑みます。

テストがないと「えいや〜」って暗記も出来なかったし、大切な知識だと思うし、無駄にならないし!

むしろ、そのまま、忘れないように継続して勉強したいです。

先生、本当にありがとうございました。 
楽しかったです。

辛い時もあったけど、それ以上の幸せと楽しさと仲間を得て、仲間からも沢山のことを学びました。

Ainessの生徒になれて、これからも卒業生として、いられることが幸せです。

本当にありがとうございました。


 
 


 

〜IFA本試験無事終了しました〜

2015年秋期のIFA本試験、無事終了することができました。

みなさん、お疲れ様です。そして、ありがとうございました。


考えてみれば、ここには多くの助けがあって至ることができたのですね。

娘が、お母さんが、お休みの日にどこかに行ってしまう。。。 最初は、ひょっとすると怪訝な顔のご家族もいたのではないでしょうか。

でも、楽しそうに、そして大変そうに、できる事が増え、だんだんと輝きを増す皆さんを見て、ご家族やご友人も安心され、協力してくれるようになったのではないでしょうか。

本当に感謝です。

そして皆さん、良く頑張られました。

受験生のみなさん、ここに至ったことを互いに讃え、結果を待ちましょう。


 
 



 

〜値段のつかない宝物〜

写真は、前回のIFA本試験を合格した卒業生が持って来てくれたノートの一部です。

「愛着があって今も大切にしてるんです」とのこと。


私がイギリスでアロマセラピスト資格を取得して、帰国した際も、手書きのノートは手荷物にしたのを覚えています。

買ったものは、また手に入るけど、ノートの入ったスーツケースが乗換えを誤って、手元から離れるのが怖かったのです。

(でも今思えば、ヘンテコでした。トランクからあふれた厚手のコートを着て、さらにコベントガーデンで買ったお気に入りの麦わら帽をかぶり、ノートを入れた肩掛けカバンはギュウギュウで、よろよろ歩き。
でも空港職員の前では、さりげなく体を真っすぐにしてみたりして。

少し話が逸れました。失礼。)


つまり、
他の人にとっては、値段はつかずとも、

自分にとって、大切に思える経験や知識こそ宝。

その象徴の一つがこうしたノートのように思います。




 
 



 

〜IFA30周年記念・東京カンファレンス〜
  2015年6月20・21日

今年のIFAカンファレンスは30周年を記念して、ロンドン、東京、北京で開催されました。


東京での講演者は、以下の先生方でした(敬称略)

サルバトーレ・バタグリア「総合アロマセラピー」

クリスティン・ページ「ヒーリングの核心へ帰る」

ジェーン・ジョンソン「姿勢アセスメント」

熊谷千津「アロマセラピーの精油・キャリアオイルに関する最新研究データ」

ピエール・フランコム「精油は身体的心理的痛みを軽減できるのか」

ロジャー・ケリー「がん予防ケアにおける精油」

ステファニー・ロード「アロマタッチ自閉症と発達障害の子供たちに話しかける」

勝山壮「精油ならびに精油成分の薬学的基礎研究」



講演は、科学的データに基づく最新の情報が多く、アロマセラピーが雰囲気だけ、あるいは流行りのものではもはやなく、サイエンスに裏打ちされたものであることを示すものでした。

また個人的には、本当に長きに渡りアロマセラピーに携わってきた先生方の著書からは分からないキャラクターや情熱を感じることができて、私の心も鼓舞されました。
こういったことは、生の講演ならではですね。


会場では、当校の在校生や卒業生の顔も多く見られ、思いがけず同窓会のような、嬉しい機会でもありました。(全員揃っての写真が撮れず、失礼しました。)


また アイネスでは、微力ではありますが、チャリティーのための品を3セット提供させて頂きました。








 

 
 


 

〜気になる〜

ある商店の入口脇に、気になる表示を発見。

「何でも」とは、何を?

「取り次ぎ」とは、いったいどこへ?


古いお店なので、電話が普及してない時代には、ここの公衆電話を使った何らかのサービスがあったのかしら。

でも、文字の濃さはそこまで古くない気もする。。

このお店、時々開いているので、聞けばいいのでしょうけれど、 私は『ドラえもんが今はお話できない、古い友人や大切な人に繋がる 秘密の道具を出してくれる』、という妄想をして楽しんでいます。



 
 


 

〜ゆだねる、まかせる〜

良いトリートメントには、相手に「ゆだねて、まかせる」スペースが必要です。

良いものにしようと、力が入り過ぎてしまったり、
「ご迷惑はお掛けしません」、とばかり他人行儀になってしまっても、お互いにリラックスできないのです。

それは、自分と相手を信頼するからできること。

それぞれが独立した、良き存在だと認識し、安心して、ゆったりとした気持ちで触れると、受け手側にも、施術側にも無理がありません。

これは、気持ちの面でも、実際にかける圧の面でも言えること。

人間関係もそうかもしれませんね。


 
 


 

〜スエディッシュ部〜

ただ今、「絶賛・夏のスエディッシュ部」開催中です。

スエディッシュは、アロマトリートメントに比べ、筋肉により働きかけ、リズミカルな手技も含まれますが、それを行うためには、基本手技や姿勢をしっかりと定めることが大切。

アロマトリートメントの心も体もとろける様なタッチとは、やや趣向が異なり、みんなで取り組むと、少しだけ「部活」のようなノリになります。

だから、「夏のスエディッシュ部」。


でも、このトリートメント、夏の疲れた体をリズミカルな一定のタッチで触ってもらううちに、ついウトウトしてしまう不思議な気持ちよさがあります。

施術後は、脚も背中も軽くなります。

生徒さんは、レッスン前よりスッキリして帰っていきます。
その様子を見られるのは、自称・部長のワタクシ、夏の楽しみの一つです。


 
 


 

〜総合病院での講習〜

今年も病院で働いている方を対象にした講習をさせて頂きました。

今年の作品は、バスソルトとバスフィズです。

忙しい中でもバスタイムがちょっとした楽しみとなってくれたら、との思いで提案させて頂きました。

香りは「頑張った自分にリラックスの香り」と
「明日に向けてスッキリの香り」です。

バスフィズは、ちょっとした「姫気分」を味わえるかと思います。

病院で働いていらっしゃる方こそ、体に気をつけて、どうぞご自分を労わって下さいね。


皆さま、色や形を工夫して、素敵な 入浴剤を作られました。 どうぞ、楽しいバスタイムとなりますように。


 
 


 

〜あっ、コレ!〜

生徒さんがある時 パッと体得するのが分かる時があります。

「あっ、コレね!」っていう感じに。

生徒さんのそんな時の感想です。


○意識しないように意識する。

○「まかせる圧」が分かった。

○「待てる女」になった。

○優雅さ、流れがでてきた。

○体の軸や丹田を自然に意識できた。


どうです?哲学的でしょ?
こればかりは、言葉で説明しきれないのです。

手技や順番だけでなく、力みが抜けたその先に自分も相手もラクになるトリートメントがあります。

どうぞ一生モノの「ソレ」を身につけて下さい。
そのお手伝いをさせて下さい。
私は、それが楽しいのです。


 
 


 

〜充実の時〜

先日、昨年の卒業生がアイネスに寄って下さいました。

通っている時、どうだったの?と聞いたら。

「生きてきた中で一番充実した一年でした!」

「大変なこともあったけど、とにかく楽しかった。」

身につけたのは、アロマだけでなかったと。

やりたいことに真剣になって、輝き始め、仲間が増え、
アロマで体調が整い、その人本来の魅力が出てくると、人生が加速し始める様子をこれまで何人も見てきました。

彼女もそんな一人。

私達ったら、もしかして、輝く女性を育成しちゃったのかしら?

だとしたら、こんな幸せなことはありません。

こちらこそ、ありがとうございます。


 
 


 

〜眠れ、よい子よ〜

気持ちが苦しくて眠れないなんてこと、ありませんか?

睡眠はとても大切。

分かっているけれど、、、という時は、
寝る前に、ぜひ宣言して下さい。

「私はもう寝ます。その間はお任せしま〜す!」

誰に何を任せるのって?

それは、苦しい気持ちをそのまま、あなたがイメージできる守護霊さまでも、亡くなったおばあちゃんでも、エンジェルでも、グレートサムシングでも、神さま仏さまでも何でもいいのです。任せてしまいましょう。

だって、そういった方々は、24時間操業だと思いませんか?
あなたを愛するその方々は、ケチくさいことは言わず、きっと笑顔で引き受けて下さることでしょう。


生身の私たちが何とかできるのは、起きている間だけで、寝ている間は何もできないのです。

だから、何も心配せずお任せして、大丈夫。

寝ている間にこそ、成長ホルモン等が分泌され、体の修復が行われます。寝ないなんて、もったいない。

朝、目覚めたら、今度は私たちの出番。 できることを ゆるゆるでも 少しずつでも いいのです。気張らずいきましょう。

それでも心配症のあなたには、、、

マンダリンとラベンダー、ローマンカモミールの香りをお届けします。


 
 


 

〜ハッピーの秘訣〜

アイネスの実技レッスンは、「秘訣」を出し惜しみしません。

だって、早く上手になって、お互いに気持ちいいタッチが受けれるようになったら、レッスン時間そのものがハッピーになるでしょう?

「初めてで自信がない」人も、全く心配いりません。

前回のレッスンでは、一連のハンドトリートメントが皆さんできるようになりました。


情報豊富な時代、手技や手順は本やDVDで知ることはできるけど、それらをどれだけ見ても、分からない圧や感触があります。

レッスンに集まり人を相手に「きちんと体感」して、笑顔でいっぱいになるこの時間が私は大好きです。


ハッピーの秘訣、いっぱいお伝えしています☆



 
 


 

〜修了生の感想C〜

≪資格取得後のやりたいこと、夢、計画≫
*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜

私は自宅サロンから始めたいと思います。

まずは身近な人、今までお世話になった方々に感謝の気持ちでトリートメントを行っていきます。

いつか世界で活躍できるセラピストを目指します。


*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜


その他の「在校生、卒業生の声」はこちら


 
 


 

〜修了生の感想B〜

≪現在の或いは、未来の後輩へのメッセージ≫
*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜

私は人生の中で今が一番勉強している気がします。

それは自ら選んで、自分で授業料を払い、好きなことが学べているからだと思います。

ですが、、やっぱり机に向かっての勉強は得意ではないので、眠くなってしまうこともあります。

そんな時はこの言葉を思い出して下さい。

「今寝ると夢を見るだけ。今勉強すると夢が叶う。」

これは世界の秀才が集まるハーバード大学の図書館に書かれていた落書きだそうです。(笑)

先生の大切な言葉、面白い話を聞き逃したら、損してしまいますヨ!



 
 


 

〜修了生の感想A〜

≪アイネスで学んだ感想≫
*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜

1年間の勉強期間は、本当に貴重な日々でした。

社会人になってからの勉強は、仕事や家事との両立で大変でしたが、”辛い” ばかりではありませんでした。

しんどい時間は長く感じましたが、1年を通して振り返れば、「アイネスを選んで良かった」と自信を持って言えます。
勉強はどこでもできますが、ともこ先生、まゆみ先生、それから、ここに集まる最高の仲間にアイネスだから出会えたんだと思います。

人生で大切な宝です。


 
 


 

〜修了生の感想@〜

修了生の方から、感想が届きました。

読ませて頂いたら、頑張った彼女の姿が伝わってきて、とても嬉しかったです。

原文のまま ご紹介しますね。

R.K.さんありがとう。


≪アロマ理論コースを終えての感想≫
*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜

アロマ理論はとにかく暗記!

それが苦手な私は、毎日頭が痛い思いでしたが、スクールでの勉強は、先生の体験談や面白い話を交えての授業なので、ノートを見返すと クスクス と笑え、いつの間にか覚えていることも沢山あります。

これはどのコースの時も同じです。楽しく学べます。



 
 


 

〜カラダさん、ありがとう〜

ストレスは、「ストレスが体に悪いと信じている人に対して悪影響を与える」のだそうです。

つまり、「ストレス=悪」ではないようなのです。


緊張で心臓がドキドキして、うまくいかないと感じるときは、自分でその状況を捉えなおすことで、体の反応も変わるのだそうです。

「この状況に適するように、心臓も働いてくれてるんだわ。カラダさんありがとう。」っていう具合に。

すると、それは単なるストレスではなく、「勇気や喜び」といった状況下と同じような体内環境になるそうです。


「引き寄せの法則」とか「自分の思いが現実を創る」と聞いたことはありませんか?

実際の社会生活では、自分以外の関係者や仕方ないと思える状況だってあるのですから、そんなに事は簡単でないと思っていました。

でも、カラダの反応は、思ったよりシンプルみたい。

自分のカラダやココロの反応を否定するより、古くからの親友が優しく励ますように自分自身に声をかけてあげましょう。

実際、良くやってくれているのだもの。

カラダさん、ありがと〜〜!




 
 


 

〜マニア続出中〜

春からは、解剖生理のお勉強が始まります。

筋肉の名前は難しいし、テキストだけでは、チンプンカンプン。

でも、人の体に触れ、トリートメントを良いものにするためには、必須の知識。


ところが、わが校ではレッスンを通じて全身筋肉図や骨格モデルが欲しくなる、筋肉&骨マニアが続出中。

冷静に考えてもみて?妙齢女子の欲しいものが、骨格標本。さらに、それが「かわいい☆」なんて。(笑)

「『後背筋』は面積の大きさに対して、停止部分の密やかさにグッとくる。」そんなあなたはホンモノです。


結局、勉強も人生もやってみて、楽しまないと、印象にも記憶にも残らないのです。

さあ、一緒にヴィヴィッドに学びましょ。

マニア続出、大歓迎です。



 
 


 

〜方言?〜

一昔に比べると、方言やなまりは可愛らしかったり、魅力ととらえられるようになったと思います。


最近、こんな説を目にしました。それは、

「世界各国で使っている言語は、方言といえる」
というもの。

ほとんどの言語が、他の言語に翻訳が可能であることや人間が出せる音声は限られている、といったことからだそうです。

確かに細かな文化的背景は違えども、意味するところは互いに理解できますし、超音波や低周波でやりとりしている民族というのも聞いたことがありません。

例えば宇宙人が地球に来て、色々な国の言語を聞いたら、全部同じに聞こえるんじゃないかって。


私は、 なんだかとても愉快な気分になりました。

人って、似ていたり近い関係のものを比較して、「違いっこ探し」をしがちだと思います。

「あそこは違う。」だったり、「私は違う。」なんて。

全然違っていれば、気にもならないのにね。


だから、関係性で苦しく感じたときには「近いから」で「結局、仲間なんだ」と思いなおしたり、そして、どか〜〜んと、地球規模、宇宙規模の視点を思い出せたらな。

まっただ中ではそんな風に思えなくても、少し離れた見方もできたら、ラクかもしれないと思いました。


 
 


 

〜あって良かった〜

自分の中の嫌いな自分を持て余すことってありませんか。

人の幸せが妬ましく思えたり、
意地悪な自分がいたり、
怠け者だったり、、、

そんな自分を追い出そうと頑張ったり、
そもそも居なかったことにしてみたり、
自分を好きになれなかったり。


でも、そんな「黒い私」を自覚できるということは、
自分の中に明るく光る部分があるということですよね。

光があって影ができる。影があるから明るさが分かる。

心の中は、黒だけのはずも、白だけのはずもなくて、どちらもあって当たり前。

影がないと、形にならないでしょう?

影も無くっちゃこまるのです。

黒もあって良いのです。


 
 


 

〜受けて癒され、させて頂いて元気に〜

これは、アロマトリートメントの症例取りを終了した生徒さんの言葉。

彼女は症例取りのため、アロマトリートメントを頻繁にしていた時の方が体調が良かったそう。

「トリートメントを受けるのも癒されて、大好きだけど、
させて頂くと、 自分が元気になっちゃう。」 とのこと。

そういう彼女は、確かに入校時より姿勢が良くなり、イキイキとした雰囲気です。


質の良いトリートメントは、気が巡り、呼吸も深く、意識が今にある状態となります。

これは、受けても させて頂いても。

奪い合って疲弊するのでなく、分け合ってエネルギーが満ちる感じ。

アロマって、お得でしょ?(笑)


 
 


 

〜講師の喜び〜

私がアロマを教えさせていただく中で嬉しいときは、


朝来た時より、明るい顔で帰っていく生徒さんに手をふって、「また来週〜!」と見送るとき

人の体に触れたことがなかったのに、すっかり滑らかなタッチでトリートメントをしている姿となったとき

レッスンスタート時より、芯の通った姿や健康そうになっていく変化を見るとき


アロマセラピーを受けることは、もちろん心地よく、すてきな体験ですが、

アロマセラピーを学ぶことを通じて、みなさんご自身の体や気持ちに意識を向け、

トリートメント練習では、互いを大切にたいせつに触れ、

できること、分かることが増えていく。


だんだんと輝いていく皆さんを見ることが、私たちの喜びです。


新たな年も私たちの喜びを通じて、皆さんに喜んで頂けるよう、アロマをお伝えさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いします。



 
 


 

〜フェイシャル講座〜

本年のしめくくりは、フェイシャル講座2日間でした。

自然な基材だけを使って、しっかり結果がでる

フェイシャルメニューとして、サロンで活かせる

あまりの気持ちよさに、すっかり夢見ごこち。。。

そこから起きたら、顔がピカピカ!


塗った白さや、作りこんだ肌のキレイさではなく

すっきりとその人本来の肌が光っているようです。


実は毎回、リピートの受講者もいるほど人気の講座です。

みなさん2日目には、すっかり エレガントな手つきとなり、上達されました。

しっかり身につけて、ご家族に、クライアントに喜んでもらって下さいね。


 
 


 

〜自慢は生徒さん〜

アイネスの特色は、、、

本格的な学びが驚くほど楽しくできる♪
トリートメントが気持ち良くて、スクールに来ると心も体も軽くなる♪

まだ色々アピールしたいこともあるけれど、

我がスクール一番の自慢は、生徒さんです♪♪♪


以前、女性スタッフを抱えている男性から、女性が多い職場ならではのご苦労をお聞きしたことがあります。
「とても難しい時がある」と。

それを聞きながら、私は「何てアイネスは人に恵まれた所なんだろう」と認識を新たにしました。


お休みをつぶして通って下さる会社勤めの方、
小さなお子さんがいらっしゃるお母さん、
夜勤明けの看護師さん、

大変なはずなのに、レッスン日を 楽しみに通って下さる生徒さん。

皆さんが「アイネスという場」を創って下さっています。
いつもありがとう。



 
 


 

〜メイン会場〜

今年もアイネスの 『メイン会場』 にクリスマス飾りをしました。

どこかというのは、、、

卒業生の方は、お分かりですね。
(その他の方も分かるかな〜)

今年は、パーティー会場風になりました。


へんなご紹介ですみません。

でも毎年、無事に年末を迎え、クリスマスの飾りができるのを ささやかな楽しみとしています。


イギリスの先生や知り合いからもクリスマスカードが届き始めました。

アイネスからも、みなさまに感謝を贈ります。

よい、クリスマスを♪


 
 


 

〜医療に従事されている方へのボランティア〜

今年も名古屋第一赤十字病院に伺い、ハンドトリートメントをさせていただきました。

ここで、参加された生徒さんの感想をいくつかご紹介させていただきます。
(みなさんから熱い感想メッセージをいただいているのに、全部を紹介できなくて、ごめんなさい。)

*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。

★「午後から頑張れます」「幸せです〜」と声をかけて頂き、こちらこそ…と大変嬉しかったです。
貴重な体験となりました。ありがとうございました。


★たくさんの方にトリートメントさせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

会話の中で感じたのですが、みなさんアロマに興味があっても忙しくてもなかなかできないとおっしゃっていました。今回、良い機会になったと思い、良かったです。


★同職種で疲れが分かる分、ハンドトリートメントする10分間はリラックスしてもらおうと心掛けることができました。

初めての方でも、気持ちいい、眠くなってきた、などと言ってくれて、笑顔で帰られる姿をみてとても嬉しかった。


★冷たい手の方が多かったのですが、施術後は温かくなり、トリートメントの効果を感じていただけました。

アロマに興味を持たれている方も多く、色々質問をいただき、アロマの良さをお伝えすることが少しでもできて良かったです。ありがとうございました。


この他、ボランティアの様子はこちら



 
 


 

〜合格証〜

IFA本試験の合格証を胸に、写真を撮りました。
合格されたみなさん、本当におめでとうございます。

「結果を待ちわびて毎日ポストを見ていました。」とか、
「知らせの入った封筒をすぐに開けられず、光に透かしてみました。」とか、
「合格の文字を何度も見返しました。」そして、
「家族みんなでバンザイしちゃいました!」なんて。


実は、この合格証の実態は「紙きれ」なので、これ自体に価値は無いのです。
そこに意味を与えたのは、みなさんの「本気の頑張り」。その体験や時間が、輝きを与えるのです。

この嬉しさや体験したこと、習得した知識や技術は、プライスレス。泥棒にだって盗めません。

こうした体験こそ、人生を豊かにしてくれる宝物。

どうぞ、手元に届いた宝をあなたの人生に活かして下さいね。



 
 


 

〜女性は太陽〜

女性が機嫌が悪いと、家庭が暗くなってしまいます。

それは、みんなお母さんが大好きだから。

もちろん、怒ったり、泣いたりしてもいいんです。人間だもの。
でも、機嫌良くいられる時には、明るくいましょう。


私達は時々、存在を認めてもらうために 「何となく不満な様子をかもしだし、優しい言葉を待つ」 という方法をとったりします。

なぜって、子供の頃、この方法で優しくしてもらうことに成功したことがあるから。

でも大人になると、すねていても上手くいかないことが出てきます。

上手くいかないからって、ずっとすねていると、、、

何だか楽しくないのです。 自分が。 そして周りも。


そんな時は、方法を変えて明るくなってしまいましょう。
そのためには、やりたいことを我慢しすぎず、その分、沢山「ありがとう」を言ってみます。

自分が先に太陽になっちゃうパターンです(笑)



文中では、分かりやすく「お母さん」を例にしましたが、母親でなくとも、女性であれば、家庭でも職場でも同じこと。

きちんとしていて、笑顔がステキな女性のことは、誰も粗末に扱えません。 これは年齢関係なしです。

そうあることで、自分も周りも明るくなっちゃうのです。


 
 


 

〜「あっ!!」〜

ただ今、スエディッシュトリートメント講座ではトリートメントの基本手技を練習しています。

施術おいては、筋肉系に適切な圧が加わるよう、施術者の姿勢がとても大切です。

さらにいうと、
腰を曲げての施術は、腰痛のもと。
手先で力加減をしていては、手指を痛めてしまいます。

セラピストが施術を通して体を痛めてしまっては、息の長いセラピストになれませんよね。

こうしたコツは、文章で読んだり、映像を見ているだけではつかむことができません。
また、形だけ、順番だけをなぞっていてもなかなか分からないと思います。

実際に動いて、やってみて、さらに
施術を受けて、フィードバックし合う中で、
「あっ、これか!!」と体感することが一番です。

実は、レッスン内で生徒さんの顔が「あっ!!」となって、姿勢やタッチが変わるのを見るのが私の喜びなんです。

「できなかったことができるようになる。」

こんなにシンプルに楽しいことはありません。

コースには、経験者もまったくの初心者もおられます。でも、大丈夫。それぞれの発見をし、それぞれに上達し、楽しんでおられます。

どうぞ、ご安心くださいね。



 

 

〜大人になってからのすてきな仲間〜

アイネスの仲間は、いつもとても良い雰囲気。私がうらやましくなるくらい。

女性同士だと、色々と比べることがあるかもしれませんが、アイネスのみんなは、アロマセラピストの卵として
互いをケアしてくれているからだと思います。

アロマセラピストを目指すもの同士なので、ライバルなのかもしれないけれど、真剣な学びと同時に、互いの違いを知り、楽しむ場があると、一人でやるよりも相乗効果が生まれます。

大人になってからは、「気兼ねなく話せる友人はできにくい 」なんていう私の概念を 気持ち良くぶち壊し、 2度目の学生といった雰囲気で、楽しそうな彼女たちは、卒業旅行を企画し、精油の蒸留を見に出かけてきました。

以下は、素敵な企画を立てて下さった山下さんの報告です。

一年間一緒に頑学んだ仲間とアロマ卒業旅行へ

貸切バスで企画させて頂き、岐阜の高山にある日本産アロマを抽出している、正プラスへ行って来ました!

森の中に入って実際の木に触れました。
採取した木を水蒸気蒸留法で蒸しあげて湯気を冷却すると、アロマの精油ができます。

クロモジの精油は、リナロールを多く含む素晴らしい精油です!

ゆず湯って昔から、伝えられていますね!ゆず精油も思わず顔がほこりぶいい〜香りです!

ニオイコブシやヒノキの香り。。。。。山の澄んだ空気は、心を整えてくれ、本当に体の中から、浄化されました。

アロマランチは、ヒノキの器で感激でした!
校長先生もご参加してくださり、同じ志をもった仲間との本当に幸せな時間でした!ありがとうございました。
2013年3月

バスの中はワイワイ
楽しい企画も☆

精油の蒸留を見学し
アロマの講話を伺って
おいしい料理も頂きました♪

 
 


 

〜虹の彼方〜

虹の向こうのどこかに、素敵な所があって、夢が叶う。

素敵な想像だけど、

実際には、どこまで行っても虹の向こうには行けません。

ここからだから、綺麗な虹が見える。


「いつか、どこかで幸せになりたい。」

じゃなくて、

「今、ここで幸せになる。楽しくなることをする。」

の方が、虹を渡っていける。きっと。



 
 


 

〜実行・実践〜

マーガレット先生をお招きして、講座を開催した時のこと。

先生は哲学を学んだ方なので、言葉の背景にある意味合いが分かっていないと、翻訳が難しいことがありました。
それは、 講座の開催当時、まだ私が未熟だったこともあると思うけど。(未熟なのは今もですね(笑))

今日、ふと先生がおっしゃったことが浮かんできました。

行う時に必要なのは、「TRY」でなく、「DO」。

「やってみる」と「やる」の違い。

トライはポジティブな言葉だけれど、「やってみよう」と思うのと、実際に「やる」のは大きな違いがあるのです。

今日、「腹をくくる」のと共通の背景がやっと見えてきました。


 
 


 

〜腹をくくって〜

時には腹をくくって、やるだけやってみる。
これも大事。

物事は、きちんと一つのことを完了させると、
次からは、同じことでは迷わないので、ブレない選択が可能になるんだそうです。
(人生の先輩に教えて頂きました。)

面倒に思えたり、苦手なことから、逃げるのも一つ、逃げずにやってみるのも一つ。

さあ、どうする!


 
 


 

〜休憩中〜

現在、スエディッシュトリートメントを開講中。

写真は、その休憩中。

楽しそうでしょ?

互いに揉みつ揉まれつしているうちに、体も心もほぐれます。だから、みんな笑顔。


きっと入校前、授業がどんな感じなのか、続けることができるのか、すごく不安だと思います。

でも、大丈夫、楽しいですよ♪



 
 


 

〜タティーナ先生の講座〜

今年も、タティーナ先生を名古屋にお招きすることがかないました。

昨年に引き続きご参加頂いた方、そして初参加の方、いずれの方にも実り大きな講座となりました。

イギリスで ロイヤルバレエ団バレリーナのボディケアもされる先生は、間違いなくトップクラスの施術技術をお持ちですが、決して偉ぶることなく笑顔と熱意を持ってお教え下さいました。

そんな先生の姿に触れることで、参加者のトリートメントへのモチベーションがグッと上がっていく様子を見ることができました。本当に素晴らしいことです。


ただ、 残念ながら、この感覚は私が言葉を尽くしても伝わらないのです。

ぜひ、 講座を体験して下さい。

トリートメント技術は、本を読んでも、映像を見ても上達しません。

これからも、こうした「学ぶ楽しさ」を様々な講座でお伝えしていきたいと思っています。

みなさま、本当にありがとうございました。




 
 


 

〜ベランダからA〜

今年は、シソの種も蒔いてみました。日当たりがよいため、わさわさと大きく茂っています。

こちらも特別なケアはいりません。ただ、ローズマリーと違い、乾燥には弱く、水が足りないとすぐにグッタリしてしまいます。

かなりの「グッタリさ加減」に気がついてから、慌てて水をやると、おもしろいくらいに見事に復活しますので、やはり丈夫な植物です。(こちらもついつい、スパルタになりがちです。ごめんね、シソ科植物たち。)

本当は、柔らかい葉のうちに収穫すると良いのでしょうが、気がつくと大きな葉になっているので、薬味というより、葉物野菜のように利用しています。




 
 


 

〜ベランダから〜

ローズマリーは地中海沿岸原産の植物のため、暑さに強く、少々の水不足でも枯れることがありません。また丈夫に育ち、日本の気候にも良く適応するため、道路脇や庭の生垣に
されることもあります。

ベランダのローズマリーは4年ほど前、20センチに満たない一枝の挿し木から成長し、今や大きく枝を伸ばすまでになりました。特別なケアはいりませんのでやはり、丈夫で育てやすいです。

ただ、最近気がついたのですが、どうやらこれまで意図せず「スパルタ」だったようです。

乾燥に強いことから、あまり水を好まないと思いこんでいたため、これまで常に乾燥気味の状態を保ってきたのですが、この春からはなんとなく、多めに水やりをするようになりました。


すると、どうでしょう!枝が伸びるスピードが格段にアップしたではありませんか。

葉も「硬い深緑色」から、「柔らかくて瑞々しい緑色」に変化。植物の様子がより伸びやかになったのです。

気づかなかったとはいえ、厳しく育てちゃって、ごめんね、ローズマリーさん。


 


 

〜今日の香り〜

今日は、ナードアドバイザークラスの日でした。

レッスン内で作成したブレンドオイル、とても素敵な香りでしたので、ご紹介します。

オレンジ・スイート...........2滴
バジル......................................2滴
ローレル..................................2滴

爽やかだけど、深みもあり、そして、美味しそうな香りでした。

レシピを作ってくださったのは、助産師の資格を持つ生徒さん。責任ある仕事をされていますが、とても柔らかな印象で、相槌や笑い声がとてもかわいい方です。


アロマを続けていると、どうしても自分の良く使う精油が決まってしまって、香りに変化がつきにくくなってしまうことがありませんか?

また、素敵な香りができたら、ご紹介させていただこうと思っています♪


 


 

〜解剖生理学と病理学B〜

レッスン日、スクールにニコニコ顔で入って来るMさん。
体のことを知るのって、「た〜のし〜〜♪」って話してくれたので、感想文をお願いしました。

*************************************
レッスン生 M.Mさん

4月からアイネスでIFAコースを学んでいます。
まずは、私の苦手な解剖生理学のレッスンからでしたので、正直不安だったのですが、とても分かりやすく、楽しくて毎回あっと言う間です。

自分の体に置き換えて考えてみたり、自分の体に対する意識が少しづつ変わってきて、自分の体を大切にいたわるようになりました。

とはいえ、聞きなれない用語も多いので勉強は難しいのですが、解剖生理の苦手意識が無くなったことはとても大きいです。

まだまだ授業は続きますが、とても楽しみです。


※写真は、当校自慢の等身大の骨格模型。バラをくわえて、おすましです。この子、ある部分の骨格的特徴から男女の判別ができるのですが、、、気になる方は、お尋ねください。

 


 

〜解剖生理学と病理学A〜

アロマセラピストには、診断や治療はできません。
それでは、なぜ学ぶのでしょう。

それは、解剖生理学と病理学をアロマセラピストが学ぶことは、質の良いアロマセラピーの下支えとなるから。

筋肉の走行や機能への理解があってこそ、相手の筋肉の張りやコリを認識しやすくなりますし、筋肉の走行に沿ったトリートメントができます。

また例えば、呼吸器系のしくみと呼吸器感染症の原因が分かるからこそ、適した精油を選ぶことができるのです。

知らなくても、アロマセラピーはできるけど、
知っていることで 、質を高めることができます。

アイネスの IFAコースでは、ちゃんとセラピストが理解して、アロマと知識を結びつけていけるよう工夫されており、他の自然療法、補完療法を学ぶ方にも役立つ内容となっています。


※写真は、人体版の飛び出す絵本。 ロンドンの本屋で一目惚れをし、連れて帰ってきました。 残念ながら、写真だと、彼(?)の良さが伝わりにくく、可愛さが表現できませんでした。写真を見てギョッとされた方、ごめんなさい。。


 


 

〜解剖生理学と病理学@〜

IFAコースカリキュラムの「解剖生理学と病理学」。

難しそうでしょ?

カイボウセイリガクトビョウリガクガク.....

名前からして。

もちろん、簡単とはいいません。宿題もあります。

でも、私は好きです。

生徒さんも、毎回新たな発見をして下さっているようです。

卒業生に聞いたら、勉強ノートは宝物にしてるって。

医療の国家資格を保有している方は、免除を受けることもできますが、これまでに多くのナースやドクターも(!)受講してくださいました。

こうした方は、もちろん専門知識をすでに持っておられますが、看護師試験の時には「暗記モノ」だった知識が、視点を変えてみるとこんなに面白かったんだ!って、再認識される方も多くおいでです。

もちろん、初めて学ぶ方にも、いいえ初めて学ぶ方にこそ、知ることで初めて気付く、体の精巧な素晴らしさ、そして、時々いじらしさ。

自分には、こんな仕組みが、機能が備わっていたんだ。「やるじゃんカラダ」って、大切に思ってもらえたらと密かに願っています。

まずは、自分の体を知って、好きになってあげて下さい。好きなものは、自然に大切にしたくなります。

自分の体がすごいんだ、大切だ。と思えるようになったら、周囲の人やクライアントへの理解も深まり、大切に扱うことができます。

これは、セラピストにとって、とても重要なことだと思います。


 
 


 

〜好きかもA〜

コリアンダーの精油、かなり「食わず嫌い」ならぬ、「嗅がず嫌い」の憂き目に会っております。

野菜コーナーで売られている「コリアンダー」は「パクチー」とも呼ばれ、クセのある風味により、好き嫌いがはっきりと分かれる中華やタイ料理に用いるハーブです。

私は好きなのですが、苦手な人は「カメムシ」に匂いが似ていると、おっしゃいます。

ですから、精油にもあの青臭い匂いが凝縮されていると思っている方もいるかもしれませんが、

「オ〜、ノ〜〜。」

まったく違う、柔らかな香りです。

リナロールという成分を豊富に含むため、ローズウッドやホ―ウッドに近い香り。

それでいながら、元気づけてくれるスパイスのキャラクター を合わせ持つため、疲れた時には最適な精油です。

ぜひぜひ、 お試しください。



 
 


 

〜好きかも〜

IFAで学ぶ60種に及ぶ精油の中には、ややマイナーなものも含まれています。

カルダモンもその一つ。

そういった精油の中には、芳香とは言い難い「通好み」と申しましょうか、「クセになる匂い」と申しましょうか、微妙な香りもあります。
(私は「クセになる系」の香りも好きなので、いつか「微妙な香りの精油シリーズ」という講座をしたいと思っていますが。)

しかし、カルダモンは初めて嗅ぐレッスン生にも人気の精油です。

いわく、

「好きかも、カルダモン。思ったよりも素敵だわ♪」

このセリフ、まるで 思いがけず好印象の男性に告げるメッセージのようで、聞いている私が

『うふふ〜』

と思ってしまうのでした。


 
 


 

〜アロマ・インストラクター試験〜

今春実施された、ナード アロマテラピー協会
アロマ・インストラクター試験に受験生のみなさん合格されました。

1次の筆記試験では、かなり高度なアロマ知識はもちろん、解剖生理学の知識も問われます。

2次試験は口述試験となりますが、実際に模擬講座を行うことを通じ、知識だけでなく、話し方などのプレゼンテーション能力も講師としてふさわしいかが問われます。

インストラクター試験は資格を得ると、その名の通りナードのアドバイザーコースを「教えること」ができます。

何かを伝える仕事をなさっている方ならご存知かと思いますが、教えるためには、講座実施時間に対して、何倍、何十倍もの準備時間が必要です。

インストラクターコース期間を通じて、試験を見据えて真剣に取り組んできたことが実を結んだように思います。

本当におめでとうございました。

でも、修了生からの「合格しました!」という嬉しい報告の電話の際、講座期間を思い出しながらお話をしていたのですが、

その結論は、

「楽しかったね〜〜☆」でした。


 
 


 

〜ときどき〜

ときどき、何か作りたくなります。

ときどきしかしないので、上達はしません。

でも、一本の糸が、一枚の布が形を変えていくのはとても楽しいです。

色とりどりの糸や綺麗な布を見るのも楽しいです。

ちまちま、こまごましたものも、時にはいいものですね。


 
 


 

〜自分を知る、認めるB〜

アロマセラピーを学び、できるようになることで、
「自分も悪くないな」っていう感覚を素直に持てるように思います。

アロマセラピーを通じて、自分の体を知り、自然の恵みを知る。

アロマセラピートリートメントができることで、お相手の笑顔を見ることができた時、すごくシンプルに「良かった♪」って、嬉しい気持ちになると思います。

身に付けた、知識や技術は誰にも奪うことはできません。

こうした経験を得ることは、自分を認めることにつながると思います。




 
 


 

〜自分を知る、認めるA〜

アイネスでお伝えしているアロマセラピートリートメントは、伝統的なイギリスの系譜を受ける手技です。

とても、大切に相手にタッチングします。
また、基本的に痛みや不快を与えることをしません。

(強揉みをせずに、満足感を得てもらには、実は、施術者の姿勢や気持ちを含めた表面的でない実力が必要なのですけれど。)

こうしたトリートメントを受けることは、その施術時間中、お相手が「大切な存在」であると伝え続けることになります。

「大切に取り扱われる」ことで、人はそれを思い出すことができるように思います。


 
 


 

〜自分を知る、認める@〜

近年、生きにくさを抱えている人が増えていると聞きます。その生きにくさの原因の一つに「自己評価の低さ」があるのだそうです。

日本人には、もともと「謙譲の美徳」という奥ゆかしい価値観があります。でも行き過ぎてしまうと「私なんて、価値の無い人間」だと感じてしまうことも。
(だから、「私なんて、、」という口癖はやめましょうね。)

それに、現代は「競争社会」。
自分以外の素敵なものと比べて、うらやましがったり、落ち込んでみたり。

う〜〜ん、そんなのもったいない!!

私は、私で大丈夫。
あなたは、あなたで大丈夫。なんです。

精神世界的にいうと、その素晴らしさは、人より優れているからとか、何かができるからなんて理由は全く必要無しで、

「あるがままで素晴らしい」のです。

でも、これを日常生活において、常に実感することは難しいかもしれません。


そこで、アロマなんです。


 
 


 

〜ラッキーパーソン♪〜

私のラッキーパーソンは、駅員のおじちゃん。
駅に彼がいる日は、私にとって「当たり」の日。

といっても、ロマンスグレーやダンディーさんではありません。 見かけは、ごくごく普通のおじちゃん。
(ごめんなさい。。)

とにかく、挨拶と雰囲気がいいんです。とっても。

改札口で「ありがとうございます。」と声をかけてくれるのは、他の駅員さんと変わらないのですが、その駅員さんの声は明るく、繰り返す言葉も惰性にならず、気持ちいいんです。

帰りの時間帯には、「ありがとうございます」に織り交ぜて「お疲れさまでした」が入る時もあり、私は心の中で「いえいえ、こちらこそありがとう。お疲れさま。」って返事をしています。

私は密かなファンなのですが、学生さんの中には、顔なじみで話しかけている子もいる様子。

挨拶が、いえ、もっと正確に言うと、声を発する気持ちがその場を変えるんですね。挨拶をしても、「形だけ」っていうのはすぐに分かってしまいます。

長く業務を続けていらっしゃることと思いますが、きっと自分の職業がお好きなんじゃないかな。

そう感じさせる駅員さんを尊敬。


もう一つ気がついたことは、私が年を重ねて、ごくごく普通のおばちゃんになっても、「誰かのラッキーパーソンにきっとなれる!」ってこと。


ありがとう、駅員のおじちゃん!